【知育口コミ】絵本の読み聞かせは本当に子供に良かった!

現在生後6か月の娘を育てている母親です。

私自身、本を読むことが大好きで、家には幼い頃からたくさんの本がありました

本を読むことが好きだった私は、小学生のころから文章を書くのが好きになり、大人になった今でも時間があれば本を読んでいます。

本を読むことは、想像力を育てることにもつながり、学習意欲も高まるかなと思い、娘にも本好きになってほしいと願い、娘がお腹にいるとき(妊娠5ヶ月ごろから)から絵本の読み聞かせを行っていました。

絵本を読むことで、私の声を覚えてくれるかなという願いもありました。

妊娠中は時間がたっぷりあったので、幼い頃、私が好きだった絵本や赤ちゃん向けの絵本を買いにいきました。

そして暇があれば絵本をお腹に向かって読み聞かせていました。

娘が産まれてからは、生後3か月の少しずつ目が見えるようになってきたころから読み聞かせを行いました。

夜寝る前は必ず2~3冊の絵本を読み、娘がぐずりだしたり、手持ち無沙汰に感じると読むようにしていました

実際読み聞かせを行った絵本は

  • いないないばあ
  • しろくまちゃんのほっとけーき
  • だあれかな
  • はらぺこあおむし

なのですが、

お腹の中にいたころから何度も読み聞かせていた「いないいないばあ」は、他の絵本の反応とは全然違うほど喜びます。

ぐずぐず泣いていても、「いないいないばあ」を読むと泣きやみ、笑顔になります。

一番効果があるのは「いないいないばあ」ですが、そのほかの本についても本を手に取っただけで「読んでもらえるんだ!」といわんばかりにこちらを向いて笑顔になります。

私は絵本のおかげと思っているのですが、周りの赤ちゃんに比べて、発達が早いような気がしています。

早い段階から、娘の名前を呼ぶとこちらを向くし5ヶ月でタッチを覚えました(親ばかなだけかもしれませんが・・・)。

絵本を読み聞かせると母親である自分自身もほっこりとした気分になりイライラも減り親子のコミュニケーションにもなります

今後も続けていきたいと思っています。



スポンサードリンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ