5~8カ月の赤ちゃんにしてあげたい運動機能を育てる遊び

5~8カ月の赤ちゃんにしてあげたい運動機能を育てる遊びhoiku_fumira2

5~8カ月の時期の赤ちゃんの特徴

首がしっかり据わることにより、目で見える景色が二次元から三次元へと劇的に変化するときです。

寝返りを打ったり、ひとりでお座りしたりできるようになり、視野が大きく広がって、脳に入力される情報が急増して、世界がぐんと広くなるのです。

赤ちゃん特有の「だぁ」「まー」といった、いわゆる喃語と呼ばれる発声も増え、「ブー」「バブー」など、唇を使わないと出せない音が出せるようになってきます。

また、手で何かに積極的に触ろうというしぐさを盛んに見せます。

自分を前面に出すような様子が見られ、頭も心も飛躍的な発達を見せてくれます。

この時期の赤ちゃんにしてあげたいこと

繰り返し運動させる

まずは、いろいろなパターン運動を脳に覚えさせることが大事です。記憶力の発達はこれからなので、同じ動きや遊びを繰り返しやらせてみること。できるだけ体そのものを使った遊びをしましょう。

遊びで集中力を養う

新聞紙や広告チラシなど、破いても問題のない紙を与えて、紙破りなどはいかがでしょう。集中して遊んでいるようならば、じっと見守って。飽きた様子を見せたとき、ほかの遊びをママが提案という程度で、口を出さずに好きにさせてあげてください。

満足感を与える

お父さん、お母さんにかわいがられていると実感できれば、赤ちゃんには満足感や意欲のようなものが生じます。どんどん一緒に遊んで、何か大変上手にでききたことがあれば、ちょっと大げさかもと思うほど褒めてあげると、赤ちゃんも喜び(反応し)ます。

5~8カ月の赤ちゃんの運動機能を育てる遊び

からだを使って ひざ上電車

お母さんは少しひざを高くして座ってください。そこに赤ちゃんを座らせて、電車に見立てた遊びをしてみましょう。

赤ちゃんはお母さんの膝の屈伸で体の位置が変わったり、軽く揺さぶられたりします。お母さんが車窓風景を「海が見えますよー」「峠の駅を出ました」などと、イマジネーションを駆使して実況します。

ここが赤ちゃんにGOOD!

赤ちゃんはスイングされる感じを好みます。お母さんが膝に抱っこして、優しく目を見ながら語りりかけ、赤ちゃんは幸せな気持ちで軽く揺さぶられるのは高ポイントです。

からだを使って ゆらゆらおっとっと

お母さんが「座って抱っこ」の体勢から、赤ちゃんの頭をしっかりと押さえてながら立ち上って、赤ちゃんの目の位置を高くします。

その後、赤ちゃんの頭と腰のあたりをしっかりとホールドして、「ゆらゆらしまーす」などと声をかけながらスイングさせます。

後ろに倒すように「おっとっとー!」と声に出してみます。赤ちゃんはちょっとしたハプニングに御機嫌で反応しますが、本当に倒してしまわないように十分注意してください。

ここが赤ちゃんにGOOD!

お母さんの腕に抱かれて、スキンシップと視界変化を楽しませます。バランス感覚を体感できるのもポイント。



七田式英語で子供が簡単にバイリンガルになる理由が知りたい☆

子供がどんどん英語を覚えちゃう!ディズニーの無料英語DVDを試しました!

【失敗談含む】ママさん注意!学資保険を自分で探してはいけない3つの理由!

スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ


  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.