もう迷わない!保育園・幼稚園の選び方3つのポイント

もう迷わない!保育園・幼稚園の選び方3つのポイントyoutien幼児教育の基盤は何と言っても家庭なのですが、小学校に上がる前に集団生活を学ぶ場である保育園・幼稚園について述べたいと思います。

保育園・幼稚園の違い

まず双方の違いについてから。

保育園は両親ともに仕事を持っている・もしくは介護などで家庭での保育が難しい場合に通います。

保育園には公立保育園や私立保育園、認可保育園・無認可保育園などがあり、地域によって状況は様々となっています。

都心などでは保育園の不足が問題になっていますし、地方では公立保育園に入るのも、そんなに大変でなかったりします。

同じ県内で引越ししただけなのに、状況が全く違う事もあります。

公立保育園・幼稚園がほとんどなく、私立保育園・幼稚園が主流のところもあります。

新しい幼児教育の形「認定こども園」

認定こども園という、保育園と幼稚園双方の機能を持つ、新しい形の園も出てきました。

認定こども園は、状況は園によりけりですが、親が働いている働いていないに関わらず預けられる所が多いようで、保育時間も保育園と同じくらいのようです。

幼稚園は外部委託の給食やお弁当というのが一般的ですが、保育園は法律によって園内に調理室を備える事となっているので、幼稚園を認定こども園に変えるにはそれなりの準備がいります。

それでも幼稚園や保育園が認定こども園として生まれかわる動きは少しずつ進んでいます。

保育園・幼稚園の選び方3つのポイント

さて、保育園・幼稚園・認定こども園を選ぶ際にはどういう点に気を付けて選べばよいのでしょうか?

まず1つめは家から近いかどうか。園バスがあっても、PTAや行事などで親が園に行く機会は多いものです。

保育園の場合は、状況によっては勤務先に近い所を選ぼうという方もいるかもしれませんが、その場合は家と勤務地の間を選ぶと良いでしょう。

2つめは遊びを重視するのか、お勉強が多いのかも選ぶポイントです。

運動や外遊びを沢山取り入れている園もあるし、園内で習い事ができる園もあります。

お勉強系では英語教育に力を入れている所も多いです。

3つめは園内の設備や園庭の広さなどもチェックしましょう。

ホームページだけでなく、園開放や運動会・文化祭などの際に実際に行って見ないと解らない事や、見逃してしまうことなども沢山あります。

一度見学に行く事をオススメします。



七田式英語で子供が簡単にバイリンガルになる理由が知りたい☆

子供がどんどん英語を覚えちゃう!ディズニーの無料英語DVDを試しました!

【失敗談含む】ママさん注意!学資保険を自分で探してはいけない3つの理由!

スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ


  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.