早期教育のメリットとは?~海外での実験データからわかること~おしゃぶりを手で触る赤ちゃん [モデル:あんじゅ]

アメリカでは幼児への早期教育の効果についての検証実験が、実に1960年代から行われてきました。

ノーベル経済学賞を受賞したアメリカ・シカゴ大学のジェームズ・ヘックマン教授は、こうした実験結果をもとにして次のような分析をしています。

「将来の教育的もしくは経済的な格差を生み出すのは、就学前の教育の有無すなわち早期教育が深く関係している」
早期教育にはメリットがあるともいえるこの発言を裏付ける根拠とは、一体どのようなものなのでしょうか。

早期教育のメリットとは?~海外での実験データからわかること~:【幼児への早期教育の効果に関する実験】

この実験は「ペリー就学前計画」と呼ばれるもので、経済的にも恵まれていない家庭にあるアフリカ系アメリカ人の子供(3~4歳)を対象に行われました。

実験ではまず初めにこの子供たちを2グループに分け、一方のグループ(A)には約2年間の学校教育および家庭教師による指導を継続して行い、もう一方のグループ(B)には何も指導を行いませんでした。

そしてその後40年間にわたり、この子供たちの生活の質や経済状況などの追跡調査を行いました。

その結果、AグループとBグループの子供たちを比べるとAグループのほうが高年収で持ち家率が高く、生活保護世帯も少ないという結果になりました。

早期教育のメリットとは?~海外での実験データからわかること~:【ヘックマン教授による考察】

この実験結果によりヘックマン教授が考察した点は次のようなことです。

・子供たちの人生をより豊かで良いものにする可能性を高めるためには、早期教育が必要である。

・犯罪対策費といった社会問題にかかる費用は、豊かでより良い人生を送っている人が多い社会のほうがより少なくて済む

・高年収で税金の収入も多い社会というのは、豊かでより良い人生を送っている人が多い。

・ペリー就学前計画におけるコストでは、かかった費用1ドルに対して7倍以上のリターンがあったと計算ができる。

・脳が出来上がる時期というのは、脳科学の研究によれば3歳ごろまでとも言われています。

これは言い換えれば、早期教育を行うことは、脳の発達において大きなメリットがあるということです。

早期教育のメリットとは?~海外での実験データからわかること~:【幼児への早期教育の意義とは】

もちろん世の中には、幼児のうちから幼児教室に通わせ早期教育をすることにあまりメリットを感じない人もたくさんいると思います。

しかしヘックマン教授によるこの実験と考察からも、早期教育によってもたらされるメリットはゼロではないということは言えるはずです。

ただし気をつけなくてはならないのは、「幼児教室に通う=効果が必ずある」というわけではないということです。

例えば幼児教室に通わずとも読み書きができる子もいるでしょうし、英語の幼児教室に通っていても英語をうまく話せるというわけではありません。

こうした結果の違いは本人のやる気や努力によっても大きく左右されます。

そのため親として子供のためにできるのは、早期教育を子供に受けさせて子供の将来が豊かでより良いものになる可能性を広げてやり、かつそれらを長く続けられるようにモチベーションを維持させることが大切です。



スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ