幼児向け歯磨きのやり方pict-kid0053-009

幼児向け歯磨きのやり方

離乳食が始まって、歯も生え揃ってきたら始まるのが歯磨きです。

歯磨きで大事なことは、赤ちゃんに「口の中がスッキリした」「サッパリして気持ちよい」と感じてもらうことです。

とは言え、他人に口の中をいじられることに赤ちゃんは強い抵抗を示します。

また成長すると自分で歯磨きしたいと歯ブラシを欲しがるのですが、そのまま歩き回って思わぬ事故になることも。

乳幼児期にはどのような歯磨きをすべきなのでしょうか。

幼児向け歯磨きのやり方:【歯ブラシのタイプ】

おすすめは3種類。

まずは指サックタイプです。

これは大人の指にはめて使うので力加減が調整できること、歯と歯茎の間に優しく触れるので歯茎から出血させることがありません。

次はリング状タイプです。

これは赤ちゃんが口に入れても、喉の奥まではひっかからない形状の歯ブラシです。

生後6ヶ月頃から使えます。

最後はスタンダードタイプ、大人の歯ブラシと同じ形状の歯ブラシです。

大人にとっては使いやすいのですが、勢いあまって磨くと口の中を傷つけてしまうこともあるので、注意して下さい。

幼児向け歯磨きのやり方:【時期によってお手入れが変わる?】

離乳食開始直後は歯ブラシよりも、清潔なガーゼを指に巻きつけて汚れを取るのが好ましいです。

あるいは白湯を飲ませて口の中を洗い流すのが良いでしょう。

4~5本生え揃ってきたら、歯ブラシの出番です。

1日2回、食事の後に歯を磨く習慣をつけます。

歯磨きは食事の後すぐ行いましょう。

後でやろうと思っているうちに赤ちゃんが眠くなってきてしまい、結局歯を磨かずに寝てしまったということがあるからです。

1歳を過ぎると自分で歯ブラシを持ちたがるので、お父さんお母さんが横で見守りながら歯磨きの練習をさせてあげましょう。

横で大人が見本を見せるのも効果的です。

幼児向け歯磨きのやり方:【歯磨き製品の種類】

幼児向けには甘い味つけの歯磨き粉が販売されていますが、他にも指ジェル状歯磨きという赤ちゃんでも使用できる歯磨き粉があります。

これは研磨剤を使用しておらず、自然な甘みも感じられるので、赤ちゃんも嫌がりません。

他にもむし歯予防のグッズとして、キシリトールタブレットがあります。

1歳半前後から食べられるようになるタブレットで、最初は粒が大きいので砕いて食べさせましょう。

1歳3ヶ月~1歳半の頃には住んでいる自治体で歯の検査を行ってくれるはずです。

その時に、むし歯予防にフッ素を塗るお子さんもいるでしょう。

乳歯はいくら生え変わるといってもなるべくむし歯は避けたいものです。

赤ちゃんが抵抗して思うように磨けないときは、今日は上の歯、明日は下の歯と日替わりで磨く場所を決めてやりましょう。



七田式英語で子供が簡単にバイリンガルになる理由が知りたい☆

子供がどんどん英語を覚えちゃう!ディズニーの無料英語DVDを試しました!

【失敗談含む】ママさん注意!学資保険を自分で探してはいけない3つの理由!

スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ