【知育口コミ】マタニティクラシックからリトミックまで感じる知育akachan_ninshin

マタニティクラシック知育で頭のよい子に

私は結婚四年目で待望の第一子を授かり、子供を授かるまでに妊娠中から子供に音楽を聴かせたり声かけをすると頭の良い子に育つと、本やテレビなどで情報を得ました。

妊娠してからは朝、夕にマタニティクラシックを聴き、心を落ち着かせ、リラックスしている所に子供に声かけをします。

声かけはどんな内容でも良いです。「私はあなたが産まれてくるのを楽しみにしているわ。」などと声かけしました。

もちろん産まれてからも音楽は毎日聴かせ、主人は生後1ヶ月から絵本を読み始めました。

赤ちゃんが寝ていようが泣いていようが優しく語りかけるように絵本を読む。

次第に寝返り、お座り、ハイハイができるようになり、自然とパパの膝に座り絵本を読んでもらうのが日課になります。
次はリトミックを取り入れた知育ですが、私はただ単に身体を動かしてほしいと思っていましたが、意外と子供は身体を動かすのが大好き、リズムに合わせて思い思いのダンスをし、身体で音を表現する事ができるようになりました。

マタニティクラシックやリトミックの効果を少なからず感じています。

妊娠中のマタニティクラシックについては、赤ちゃんだけでなく母体をリラックスさせる効果がありました。

妊娠中でイライラしたり、出産が迫ってくると気分が落ち込みがちです。

クラシックを聴くと少しではありますが心が和みます。

同時に赤ちゃんにも伝わってリラックスした気分になっていると感じますので是非オススメします。

次は絵本についてです、最初は赤ちゃんは視線も合わせないし、読んでいる途中に寝たり泣いたりと集中していないように感じます。

何とか堪えて1日一冊でも構いません、ゆっくり優しく語りかけるように読んであげると、いつか絵本を見て笑ったり、自分でめくってみたり、興味が湧く日が来ます。

自分から絵本を指差し読んで欲しいとお願いして来ます。

物事に集中し、考える力が身に着くと感じます。

次にリトミックについては、単純かも知れませんが子供は身体を動かすのが大好きです。

型にとらわれなくてもいいのでとにかく全身を使って思い思いに動かして見ることが大切だと思います。

親子で一緒にすると楽しいです。



スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ