1歳からはじめたリズム表現による音楽教育法(リトミック)images

知育や勉強法を実施した時のお子様の年齢を教えてください。

1歳

知育や勉強法を実施した内容のタイトルを教えてください。

1歳からはじめたリズム表現による音楽教育法(リトミック)

知育や勉強法を実施した内容を教えてください。

息子が1歳になったことをきっかけに、リトミック教室に通い始めました。

週に1度、1回45分ほど、10名ほどの1歳児が集まる教室で、ピアノ教室の先生が中心となって開かれる教室でした。

ピアノに合わせた手遊びから始まり、音楽にあわせて体を動かしたり、タンバリンやカスタネット、スズなどの楽器を用いて、1拍子、2拍子などの簡単なリズムを覚えることが主な活動内容でした。

また、その教室では先生の意向により、色や形を覚えて同じものを探したり、並べたりなど、音楽だけでなく知育にも力を入れているようでした。

みんなの前で、自分のお名前を発表したり、先生がお話ししているときは、きちんと座ってお話しを聞かせたりなど、礼儀作法なども厳しく指導していました。

料金は1回500円と、リトミック教室の中では比較的安価で、参加ごとの支払いの為、お財布に優しい教室でした。

2歳になると月謝制に代わり、教材も購入し毎回宿題が出るほどしっかりした内容になるとのことでしたが、下の子供が生まれたタイミングだったので、約1年間で終えました。

知育や勉強法を実施した結果どうなりましたか?効果はありましたか?

息子は、もともと非常に落ち着きが無く、集団行動が嫌いで、なかなか参加できないタイプだったのですが、毎回決まった仲間と行うその教室は楽しそうに参加していました。

先生が比較的厳しい方だったため、母親の私が注意するよりも先生が注意する方が、効果てきめんで大人しくなるシーンもよくみました。

何よりも、歌が大好きになったこと、踊ったり楽器を触ることを楽しむようになったことが、一番の収穫です。

また、色を覚えることも苦手だったのですが、みんなと遊び感覚で色に触れることができたため、すんなりと覚えることができました。

約1年間通いましたが、みんなの前で、大きな声でお返事ができるようになったこと、自分の名前が発表できるようになったこと、先生のお話しをきちんと座って聞くことができるようになったことは、大きな成長でした。

現在、息子は5歳になりましたが、4歳から習い始めたピアノにも励み、歌も大きな声で歌う毎日です。

幼稚園の発表会でも臆することなく前に出ていき、大きな声で歌う姿を見ると、1歳のはじめにもじもじしていた姿を懐かしく感じます。

物心つく前から経験できたことが大きかったと思います。



七田式英語で子供が簡単にバイリンガルになる理由が知りたい☆

子供がどんどん英語を覚えちゃう!ディズニーの無料英語DVDを試しました!

【失敗談含む】ママさん注意!学資保険を自分で探してはいけない3つの理由!

スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ