【知育口コミ】0歳からの多言語知育

【知育口コミ】0歳からの多言語知育baby_komoriuta

0歳から4か国語で話しかける多言語知育法

妊娠中は、お腹に話しかけているくらいで、特別な胎教はしていなかったのですが、子どもが生まれてから、とある理由で他(多)言語教育をしてきました。

もちろん現在進行形です。 私がやってきたのは、子どもを、

  • 日本語
  • 英語
  • 韓国語
  • 中国語

で育てるというものでした。

普段の会話も同じことをこの4か国語で話というもの。 例えば、『おはよう』ということばも、1度に4か国語で話しかけるというやり方でした。

子どもが2歳くらいになった時には、この4か国語の子ども向け番組のDVDや、音楽を聴かせたり、一緒に歌ったりと、とにかく一緒にいる時にはこの4か国語を使用していました。

子どもって小さい頃からいろいろな言語を聴いていると、言葉(言語)としての認識よりも、周波数としての認識が強いのか、言語がごちゃまぜになることはありませんでした。

特に効果的だったと思えるのは、子ども向け番組の中の歌や踊りだったような気がします。

体を動かしながら、言語を覚えていく様子は、本当にすごいものを感じました。

 

0歳から多言語知育を実施した結果

現在ですが、日本で日本の教育を受けている以上、この4か国語を駆使するチャンスはなかなかないですが、普段の会話は今でももちろんできます。

しかし、学校に行くようになり、使用頻度が低くなるほど 忘れることもあるので、そこのところは家庭で忘れないように常に会話などで取り入れていく必要はあると思います。

結果的にみて、効果があったかどうか?となると、効果があったと思います。

使用することはなくても、言語ができることにより、子どもの選択肢が広がったのは間違いないです。

何もしないよりはずっと効果がありました。 親子で頑張っていないと、子どもだけに過度の期待ばかりでは効果がなかったと思うのですが、うちの場合は、私がかなりストイックに他(多)言語教育をしてきたので多少なりとも、何もしないよりは効果があったように思えます。

私の子どもに、効果はあったと思う?と聞いてみたところ、生まれてから今までが、4か国語で生活してきたので、それが当たり前になっている。

それに世界には日本以外の国がたくさんあることを言語を通して分かったので、それだけでも効果があったのではないかな、と言っているので、きっと効果があったのでしょう。



七田式英語で子供が簡単にバイリンガルになる理由が知りたい☆

子供がどんどん英語を覚えちゃう!ディズニーの無料英語DVDを試しました!

【失敗談含む】ママさん注意!学資保険を自分で探してはいけない3つの理由!

スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ


  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.