【育児口コミ】0歳から続けている読み聞かせの効果ehon_hahako

0歳から続けている読み聞かせ

現在8歳の息子が0歳の頃から絵本の読み聞かせを続けています。

息子が0歳の時に小学生がいる知人から、国語での読解力がなかったり、算数でも計算はできるけど、文章問題になるとできない子が多いという話を聞いたのと、漠然と本が好きな子は頭がいいんじゃないかという先入観から手軽にできる絵本の読み聞かせを始めました。

主人は仕事が忙しく家にいる時間が短かったため、毎日私(母親)が寝る前に読んでいました。

0歳の頃は、私が選んだ絵本を読んでいましたが、1歳頃になると息子からリクエストしていくることが多くなり、息子が選らんだ絵本を読むことが多かったです。

絵本は本屋さんや保育園で購入したものもありますが、ほとんどは図書館で借りてきたものです。

今は1日に2冊読んでいますが、2歳頃まではすぐに読み終わる絵本が多かったので1日に7冊程度読むことが多かったです。

同じ絵本では飽きてしまうかと思い、今では週に1度ですが、以前は週に2,3度図書館へ行って色々な絵本を借りていました。

この0歳から続けている読み聞かせによる効果は絶大でした!

絵本の読み聞かせをしてきたおかげで言語能力が高いように思います。

周りの子と比べると、息子は言葉を話し始めるのが早かったですし、文章で話すようになるのも早く、2歳の頃には電話で会話ができていました。

保育園での出来事を私に話してくれていたので私も保育園での様子が良くわかりました。

さらに嫌なことがあったり、自分がこうしてほしいという気持ちを、保育園の先生やお友達に話すことができたため、自分の思いをしっかりと相手に伝えることができていました。

そういった点から、息子自身のストレスも少なかったのではないかと思います。

ひらがなやカナカナは、特別に教えたわけではないのに絵本を読んでいるうちにいつのまにか覚えていました。

文章を読むことに抵抗がなく、自分で文字を読めるようになってからは空いた時間があってふと見ると本を読んでいることがよくあります。

小学生になって国語の読解問題や、算数の文章問題が得意ですし、感想文を書くのもスラスラ書くことができています。

自分の言葉でコミュニケーションをとれることが、読み聞かせをしてきて一番良かったと思っていることです。



スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ