【知育口コミ】1才からジグソーパズル知育法 

lgi01a201404141800

1歳半になる息子にジグソーパズル知育をしました。

といってもガレージセール(私の住む国で要らなくなった物を家の前のガレージにならべフリマ方式で販売する事がよくあります。

日本人も子供の服やおもちゃをたまにガレージセールに出しています)でたまたま息子の好きな乗り物が描かれているジグソーパズルを見つけたので軽い気持ちで購入しました。

公文から出版されたもので3種類のパズルがあり子供の成長に合わせステップアップしていくものです。

乗り物好きの息子はひと目で気に入った様で、一番簡単なものからはじめました。

最初はパズルがどういったものかもわからないので私がやってみせました。

次からはパズルのピースをつなぎ合わせる練習をし、徐々に一つのパズルを仕上げるという流れで行いました。

指先を使うと神経が発達するという話をどこかで耳にしたことがあったので、いい刺激になれば良いと思っていました。

このジグゾーパズル知育でここまで良い結果をもたらすとは期待していませんでした。

初めは手元が大変おぼつかなく、ピースの凸凹をうまく繋げられないという感じでした。

ようやく繋げたとしても他のピースをつなげる際に手が触れてしまいせっかく作ったパズルが外れ、それを直そうとするとまた他のピースが崩れ・・・と隣で見ていて何度ももどかしい気持ちにさせられました。

いけないとおもいつつもついつい私も手を貸してしまいました。

しかし驚くことに、毎日、毎日パズルを触る事に手先が器用になりうまく組み立てられるようになるのです。

これには子供の吸収の速さを実感しました。

パズルを崩してしまったときも初めは本人もイライラしていた様ですが、次第に落ち着いて一つひとつを繋げ直す事もできました。

1ヶ月経つ頃には24ピースのパズルを一人で仕上げる様になりました。

私は何も言わず、触らずです。本当に驚かされました。

今はその上のパズル2種類も開けています。

こちらはまだ難しいようですが多少は一人で繋げられます。

たまたまでしたが本当に良いパズルを購入したと思います。



スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ