息子が3歳から通い始めた知育教室

 illust1371

  知育や勉強法を実施した時のお子様の年齢を教えてください。

3歳

 知育や勉強法を実施した内容を教えてください。

知人の勧めで息子が3歳になった頃から「七田チャイルドアカデミー」という知育教室に通い始めました。

週に1回のレッスンに加えて毎月あるプラクティスノート(1冊/1月)、次の週までに取り組んでおくプリントが
あります。

レッスン内容は実にユニークです。

母親も一緒にレッスンを受けるのですが3歳当時は最初に音楽に合わせて4拍子や3拍子のリズムをとったり、ろうそくの炎を目で追いかけたり等、勉強だけではないのです。

勉強だけでなく感性も磨くといった感じです。

もっとも驚いたのはフラッシュカードです。

先生がさまざまな内容のフラッシュカードをものすごい早口で言いながらどんどんめくっていきます。

「こんなの子供は聞き取れるのかな」

と思いましたが、通い始めて2年経った今、早口が早口に聞こえなくなりました。

また、私の通っている石井教室(愛媛県)では年に一度発表会があり、その子に応じた課題が与えられ、皆の前で発表しなければなりません。

ちなみに息子の最初の課題は100か国の国旗、その国旗を見て国名、首都名を言い当てるというものでした。

こんなこと出来るわけがないと思っていましたが、3歳4ヶ月の息子はやり遂げました。

親が勝手に子供の限界を決めてはいけないと強く思いました。

この取組により息子の記憶力はグンと伸びました。

 知育や勉強法を実施した結果どうなりましたか?効果はありましたか?

まず、椅子に座ってきちんと先生の話を聞くということができるようになりました。

それって意外に子供にとっては難しいのです。

でも週に1回のレッスンで先生方が勉強だけでなくきちんと話を聞くということ、椅子の正しい座り方なども教えて下さったおかげで幼稚園でも実践できているようです。

また、毎週いただく課題プリントのおかげで、毎日1時間程度、机に向かって取り組むということが当たり前になり本人も進んで「七田のプリントをする!」と言います。

ここで大事なのは親御さんの取り組む姿勢です。

ただ、通わせたらいい結果につながるというわけではありません

実はプラクティスノートもプリントも強制ではないのです。

ただ、私は与えられた課題をクリアしないと意味がないと思い、毎日息子と一緒に取り組んでいます。

ハッキリ言って慣れるまではしんどいです。

現在息子は4歳10か月で、ある程度自分で理解し取り組めますが、3歳の頃は鉛筆を持たせるのも一苦労、一緒に取り組むときに私もちょっとイラっとしたりもしました。

発表会の暗唱も大変です。

親の私も一緒に覚えますから・・・。

でも今では取り組みが習慣となっていて今後、小学校に進んでも問題なく授業についていけると思いますし、学ぶことの楽しさを感じてくれていると思います。



七田式英語で子供が簡単にバイリンガルになる理由が知りたい☆

子供がどんどん英語を覚えちゃう!ディズニーの無料英語DVDを試しました!

【失敗談含む】ママさん注意!学資保険を自分で探してはいけない3つの理由!

スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ