英語の幼児教育LISA78_naniittenda20141018102414500-thumb-1200x800-5893

英語の幼児教育

グローバル化が進む現代において、高い英語能力を有している人の活躍が目立ちます。

企業でも英検やTOEICの点数に着目するようになり、小学校では英語の授業が必修となりました。

これからの時代必要なのは日本語よりも英語能力なのかもしれません。

その結果、これまで大人や学生向けだった英会話教室が、乳幼児向けの教室を開講するようになってきました。

どんな授業をするのでしょうか?

そもそも日本語さえあやふやな子供に英語を教える意義はあるのでしょうか?

英会話教室の取り組み内容等を参考に考えてみましょう。

英語の幼児教育:【英会話教室での授業】

0~1歳児向けのクラスでは、リズム遊びや手遊びで英語に慣れていくことから始めます。

それが成長して2~3歳児向けのクラスになると、簡単な挨拶や身の回りのものを英語で話すことを勉強します。

4歳~小学校就学前のクラスでは、アルファベットの読み書きや短い文章の練習をします。

英語は教室だけの勉強ではなかなか身につきません。

自宅に戻って家族と話したりすることで、より理解を深めることが出来ます。

家族の協力次第で、子供の英語能力が飛躍的に伸びる可能性があることを覚えておいてください。

英語の幼児教育:【赤ちゃんの脳は柔軟】

赤ちゃんに英語を教えることについて、ほとんどの方が「無駄」「教室の費用がかかるだけ」と否定的な意見をお持ちだと思います。

確かに月齢が低ければ低いほど、赤ちゃんの脳は日本語と英語を区別する機能を有していません。

しかし赤ちゃんの脳はスポンジのように柔らかく、色々な物事を吸収します。

日本語、英語といった固定観念がないからこそ、複数の言語を受け入れることができるのです。

英語の幼児教育:【英会話を学ぶメリット】

幼いうちに外国人講師の綺麗な発音を聞くことによって、生きた英語を耳で覚えることができます。

日本の学校の先生でも発音の綺麗な人はいるでしょうが、やはりネイティブにはかないません。

子供のうちに綺麗な発音に慣れておけば、自分が発音する時の参考にもなります。

また、「文法はできるけど英会話が苦手」「長文読解はできるけれどもリスニングが苦手」というように、いざ会話になるとうまくできないという学生が多いです。

リスニングは、最近になって大学入試センター試験に取り入れられた程重視され始めています。

CDやDVDで英語を聞き流す勉強もありますが、双方向でコミュニケーションを取れる英語教室の方が、英語能力の育成には向いていると言えるでしょう。

早期に英語を学ぶことで損をすることは何もありません

始めは成果が上がるかどうか不安に思うかもしれませんが、少し時間が経てば上達するのが目に見えて分かるはずです。

英会話教室は体験教室を開催しているところが多いので、問い合わせや資料請求をしてみてはいかがでしょうか。



七田式英語で子供が簡単にバイリンガルになる理由が知りたい☆

子供がどんどん英語を覚えちゃう!ディズニーの無料英語DVDを試しました!

【失敗談含む】ママさん注意!学資保険を自分で探してはいけない3つの理由!

スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ