英語が学べる知育おもちゃ540x360xIMG_9716-540x360.jpg.pagespeed.ic.6tRHgTd-tU

英語が学べる知育おもちゃ

早期に英語教育を行うメリットは、下記の3つです。

①日本語と英語の区別がない時期だからこそ、脳が吸収しやすい
②ネイティブスピーカーの発音を聞きなれることによって、リスニング力が身につく
③小学校で必修化となった英語の授業に難なくついていける(むしろ有利)

英語を学ぶには英語教室に行く方法もありますが、既に他の習い事をしていたり、身近に教室がない時は知育おもちゃで勉強することもできます。

さて、どのような知育おもちゃがあるのでしょうか。

英語が学べる知育おもちゃ:【先生はぬいぐるみ】

日本語と英語をの両方を話してくれるぬいぐるみ型のおもちゃ、バイリンガルがおすすめです。

ぬいぐるみがスイッチ1つでおしゃべりしたり踊ったり等、様々な動きを見せます。

使用されている英語はネイティブスピーカーが発音したものなので、家にいながらにして本格的な英語の発音を耳にすることができます。

ぬいぐみとして可愛がる、英語の勉強として使える、一石二鳥のおもちゃです。

この類似商品で、バイリンガルテーブルやバイリンガルパソコンといった商品も販売されています。

英語が学べる知育おもちゃ:【タッチペンでお勉強】

絵本やパネルの文字をペンでタッチすると、英語が聞こえるタイプのおもちゃです。

例えば猫のイラストをタッチしたら「ねこ」「キャット」、犬をタッチしたら「いぬ」「ドッグ」という単語が聞こえるのです。

繰り返しタッチすることで、英単語が脳に伝わっていきます。

子供に人気のアンパンマンのおもちゃだけでもパソコン型、タブレット型、パッド型等たくさんのバージョンが販売されています。

英語が学べる知育おもちゃ:【DVDでお勉強】

DVDから流れてくる英語にあわせて踊ったり、歌ったりします。

英語のDVDは、話している言葉の意味は分からなくとも、動きやしぐさで何をしているかは大体把握できます。

言葉が通じなくても、映像を見ていれば自ずと真似っこをするようになります。

繰り返し見ることで大まかな話の内容や言葉の意味、挨拶を自然と覚えていきます。

英語を身につけさせるために、英語教室でも授業の一環で知育おもちゃを使った授業が行われています。

それだけ英語の知育おもちゃは効果が高いということですね。

英語の早期教育は今注目されていますので、注目されている分だけおもちゃの種類も多いです。

選び放題ではありますが、初めて英語を学ぶ子に向いているもの、ある程度マスターしている子に向いているものとレベルの違いがあります。

是非、理解度に応じたおもちゃを選んであげてください。



七田式英語で子供が簡単にバイリンガルになる理由が知りたい☆

子供がどんどん英語を覚えちゃう!ディズニーの無料英語DVDを試しました!

【失敗談含む】ママさん注意!学資保険を自分で探してはいけない3つの理由!

スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ