1才?2才?子供の知育を始める時期は?

1才?2才?子供の知育を始める時期は?hajimerujiki

 

 

今回の記事では、知育教育を始めるにあたって

 

 

いつからはじめればいいのか?

 

 

という所を解説していきたい思います。

 

 

 

知育という言葉自体聞いた事ない方や

 

聞いた事はあるけど、良くわからない方は

 

コチラの記事を参考にしてください。

 

関連記事:赤ちゃん、子供の知育とは?効果や方法を解説

 

 

 

子供の知育を始める時期

 

知育が子供の将来に良いという事は解っていても

 

実際にいつからはじめればいいの?

 

という疑問が生れます。

 

 

この問いに私なら、

 

早ければ早い程良い

 

と答えます。

 

 

人間は、産まれたばかりの赤ちゃんでも

 

言語を聞き分ける事ができると言われています。

 

 

もちろん、内容を理解する事は出来ないのですが

 

親が話す言語と外国語を聞き分ける能力が有るという

 

事が実験で証明されています。

 

 

この事から、人間は成長していくに連れて

 

言語を聞き分ける能力を身に付けていくわけではなく

 

最初から持っている能力という事です。

 

 

その後に、使っていない能力が退化していって

 

しまうのではないかと考えられています。

 

 

知育を早期に始める事によって

 

脳に優れた能力が重要だと刺激を与える事によって

 

人が本来持っている優れた能力が

 

退化していくのを防ぐ事につながっていくわけですね。

 

 

また、人間は3才までが脳の発達が著しく

 

この3年の間に知育によって脳に多くの刺激を与える事で

 

脳に良い影響を与えると言われています。

 

 

3才までに知育をおこなわなければ

 

意味が無いという訳ではなく

 

3歳以降でも、知育による好影響は

 

十分にあると考えられます。

 

 

つまり、早ければ早い方が良いですが

 

知育を知った、今この瞬間からでも

 

気軽に始めるのが良いですね。

 

 

 

一般的に知育を始める人が多い時期

 

一般的に知育と聞くと、知育のオモチャや

 

知育教室などを思い浮かべる人が多いと思いますが

 

実は、育児雑誌などで言われている

 

 

産まれたばかりの赤ちゃんに話しかける。

 

音楽を聞かせてあげる。

 

いないいいないばぁ~

 

 

なども、脳を刺激して様々な能力を発達させるという

 

大きな意味では知育に繋がっています。

 

 

なので、親からの言い伝えや

 

雑誌からの情報などで知った情報で少なからず

 

知育をおこなっているものなのです。

 

 

一般的に認知されている

 

オモチャ等を利用した知育をおこなっている人は

 

手足を動かす事が頻繁になってくる

 

1才位から利用している人が多いみたいですね。

 

 

その頃になると手で触ったり、目で見たり

 

耳で聞いたりして脳に刺激を与える事ができますので

 

色々な事を経験させる事が良い知育になります。

 

 

2才以降になると、言葉を理解して

 

自分でも話そうとしたり

 

子供番組を熱心に見たりするようになります。

 

 

先程のオモチャなどに加えて絵本の読み聞かせや

 

英語のリスニング、一緒に絵を描くなど

 

更に発展した知育をおこなう事が出来ます。

 

 

知育はいつまでやればいいの?

 

知育は小学生低学年まで

 

実行している方もいるみたいです。

 

 

なので、知育をおこなう時期に明確な

 

決まりがあるわけではなく、

 

早ければ早い方が良いですし

 

辞める時期も

 

 

小学生になるまで

 

子供が飽きるまで

 

小学校低学年まで

 

 

等、子供が楽しんでやっているうちは

 

続けていても良いのではないかと思います。

 

途中で英語の勉強に切り替えたりするなど

 

子供が将来役に立つであろう勉強に

 

切り替えても良いですね。

 

 

一説によると、脳の発達は8才までが

 

特に活発なので、8才まで行うのが良い。

 

との検証データもあるみたいです。

 

 

以上、知育を始める時期を

 

一般的な情報と、自分の子供に

 

してあげている経験から、解説させてもらいました。



七田式英語で子供が簡単にバイリンガルになる理由が知りたい☆

子供がどんどん英語を覚えちゃう!ディズニーの無料英語DVDを試しました!

【失敗談含む】ママさん注意!学資保険を自分で探してはいけない3つの理由!

スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ


  • LINEで送る

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.