幼児が通う知育教室の代表例241x360xDSC_09661-241x360.jpg.pagespeed.ic.VxRSTDgJGo

幼児が通う知育教室の代表例

ここでは、全国展開されている有名な知育教室をご紹介します。

転勤の可能性のあるご家庭で知育教室に通わせたいと思う場合は、引越ししても引越し先の教室に継続して通えるメリットのある全国展開している教室に通わせるのがベストです。

幼児が通う知育教室の代表例:【ドラキッズ】

安心の小学館グループが運営する日本で大人気のドラえもんの幼児教室です。

当する講師は保育士か幼稚園教諭の有資格者で、1クラス2名の講師が担当するからとても安心できます。

ョッピングセンターで展開している店舗が多いので駐車場も完備されていてお買い物をしている間に子どもは授業を受ける事ができ、ママにはとても好評です。

業後のミーティングだけではなく、授業参観や保護者面談を通じて親子の頑張りをサポートします。

子供の好奇心の根を伸ばすことで、子供の持つ可能性も伸ばしていきます。

幼児が通う知育教室の代表例:【七田チャイルドアカデミー】

全国に450教室を展開する七田チャイルドアカデミーのコースは、全部で7つ。

その7つとは幼児コース、0歳向けコース、小学生コース、英語コース、胎教コース、特別支援コース、音楽コースです。

IQを伸ばすことだけに注目せず、心の豊かな人間に育つよう、そして国際社会で活躍できる人間に育つようなカリキュラムが組まれています。

その質の高さは、顧客満足度を調査するイード・アワード2014幼児教室部門で最優秀賞を受賞したことからも伺えます。

子役でもありフィギュア選手としても有望な本田望結さんは、兄妹全員でこの教室の出身です。

他にもたくさんの卒業生がスポーツや音楽の分野でプロとして活躍しています。

幼児が通う知育教室の代表例:【公文式】

全国に16,000以上の教室を展開しており、CMでもよく名前を聞く有名な知育教室です。

年齢と学年にあった授業内容、そして長年培ったノウハウで子供を「自ら考える子」に育てます。

0歳児コースから、今では何と社会人の方向けの授業も行われています。

乳幼児向けコースではお母さんと一緒の勉強がメインになります。

それが成長すると、まずテストを受験してその子の学力を測ります。

テストの結果に応じて理解度に見合ったテキストを配布し、マスターするまで先生が丁寧に教える・・・を繰り返していきます。

反復することによってテストで100点が取れるので、子供は達成感と喜びを味わうことができます。

幼児が通う知育教室の代表例:【イーオンこども英会話】

英会話のイーオンが子供から中学生を対象にして開催しているのが、こども英会話です。

強みはやはり外国人講師のネイティブな発音が体験できることです。

コミュニケーションや座学だけではなく、ハロウィンのようなイベントを通じて現地の文化を学ぶことも行います。

日本語と英語の区別がつかない時期に英語を勉強することは推奨されており、小学校でも英語が必須化となっている現代では小学校入学前に英語に慣れさせておき、学校で1歩リードさせたいと考える保護者も多いことから大変な人気となっています。

クラスは少人数制を採用しており、入会を希望しても枠が埋まっていることがあります。

知育教室は1度通い始めた以上は、なるべく長く続けてほしいもの。

親の都合で始めたりやめたりと振り回されずにすむよう、教室選びはしっかり行いましょう。



スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ