知育おもちゃとは何か

知育おもちゃとは何か

job_hofu_enji

知育おもちゃとは何か

知育おもちゃとは、乳幼児期の知能の発達を促進し補助するおもちゃの総称です。

知育玩具とも呼ばれます。

最近流行し始めた言葉と思われますが、おもちゃ売り場では「知育おもちゃ」という専用のコーナーが設けられるほど、認知度が高くなってきています。

【知育おもちゃの特徴その1】

教材ではないのに、学習ができるもの。

それが知育おもちゃの特徴です。

学習といえば集中・真面目・遊び心がないといった厳しいイメージが浮かびますよね。

教材という言葉もどちらかと言えば堅苦しい言葉です。

しかしそれが知育おもちゃになると、楽しい・面白いといった前向きなイメージを持てるのです。

何より色遣いや手触りが親しみやすいですし、DVDのような見て聞いて楽しむものもあります。

【知育おもちゃの特徴その2】

子供のおもちゃは、小さすぎると飲み込んでしまう恐れがあります。

また、力加減を知らない子供が振り回したり落としたりすることで、破損して怪我をする可能性があります。

子供に怪我をしてほしい親など存在しません。

親の願いは、子供がおもちゃでは楽しく遊んでくれることです。

その点知育おもちゃは各製造元が破損や欠損といったトラブルに対処すべく、自社で安全の検証を重ねて作っており、品質・安全性の面では心配がいりません。

安心して子供に遊ばせることができます。

【有名なブランド】

知育おもちゃで有名なブランドを2つ紹介します。

①フィッシャープライス

1930年にアメリカで誕生したトイブランドです。

この会社の商品は世界150カ国で販売されており、売上は世界第1位とも言われています。

自社の研究施設では現役ママの意見を取り入れた商品開発、赤ちゃんモニターによる試作品の検証等を行われています。

その安全基準はアメリカ国内のおもちゃの安全基準のベースとなったほどです。

②サッシー

1981年にアメリカで誕生したトイブランドです。

赤ちゃんが始めて認識すると言われている「白」と「黒」をベースに配色したおもちゃを販売しているのが特徴であり、0ヶ月から色彩の認識力を高められると評判です。

また、複数のおもちゃに関する賞を受賞しています。

店舗は持たず、オンラインで代理店が販売する形式です。

赤ちゃんが成長していくということは、それだけ遊び方が増えるということです。

そして、知育おもちゃの存在を知らずに見た目や値段だけで選んだ普通のおもちゃを与えるのは、せっかくの教育の機会を失うことと同じです。

赤ちゃんの生まれもった才能を生かすおもちゃ、それが知育おもちゃなのです。



七田式英語で子供が簡単にバイリンガルになる理由が知りたい☆

子供がどんどん英語を覚えちゃう!ディズニーの無料英語DVDを試しました!

【失敗談含む】ママさん注意!学資保険を自分で探してはいけない3つの理由!

スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ


  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.