2歳におすすめの知育おもちゃANJ77_komorebichirari20141115142024500-thumb-1144x800-5833

2歳におすすめの知育おもちゃ

2歳は初めての反抗期と言われるほど手がかかる時期です。

「したい」と思う欲求が強いにも関らず、その気持ちを伝える手段が未熟なために泣いてしまうのです。

パンを食べると言ったからパンを与えたのに、ご飯が欲しかったと泣く。

こんな光景が日常茶飯事になります。

1日中向き合うお母さんが疲れきってしまうこの時期、どのような知育おもちゃが役立つのでしょうか?

2歳におすすめの知育おもちゃ:【ロディ】

人気のおもちゃ・ロディ。

1歳の子供には少し大きかったのが、2歳くらいになると体にフィットするようになります。

激しく動いたりゆっくり動いたりと、勢いは自分のお好みで。

たくさんの色のバリエーションがあり、ボディには丸やハートの形もついてオシャレです。

言葉を覚え始めたら「ここは耳だよ」「おめめだよ」とお母さんが教えてあげるのも良いですね。

2歳におすすめの知育おもちゃ:【デュプロ】

ブロックで有名なレゴが販売している1歳後半~5歳の子向けのブロックです。

安全性と品質はヨーロッパの厳しい基準をクリアしたものだけを販売しているので、問題ありません。

子供の手に持ちやすい大きさというのを意識して作られています。

2歳になると自分でやりたいという気持ちが強いので、お母さんに言われなくても勝手に自分でブロックを積み上げて遊んでいたりします。

2歳におすすめの知育おもちゃ:【おえかき】

2歳前から与えているおえかきセットはこの時期も活躍します。

最初は線しかかけなかったのに、慣れてくると丸や四角などの形を描くようになります。

正しいクレヨンの持ち方は、まだ強制しなくてもいいです。

自由に描かせることに重点を置いてください。

ただし、紙には描いてもいいけど、床や壁には描いちゃダメというのは分かっていません。

大人が監督していないと、予想外のところに描き出すので、そこは注意が必要です。

2歳におすすめの知育おもちゃ:【ひも通し】

手先が器用になるので、細かい作業もできるようになります。

厚紙に小さな穴を開けてひもを通してごらん、と渡してみましょう。

小さな手で一生懸命作業する姿が見られるはずです。

布絵本についているボタンをつけたりはずしたりするのもこの時期です。

遊びの幅が大分広がってくる2歳児。

この頃にはしつけとしてお片付けの習慣をつけましょう。

勿論最初はお片付けの意味なんて分かりません。

最初はゲームのように「このおもちゃを全部箱の中に入れてみよう!」と盛り上げてみましょう。

そして、うまくできたら褒めてあげましょう。

おもちゃを片付けたら部屋が広くなる、お母さんが喜ぶということを覚えてもらうのです。

箱に入れた瞬間にまたおもちゃをひっくり返されることもありますが、徐々に慣れさせていってください。



七田式英語で子供が簡単にバイリンガルになる理由が知りたい☆

子供がどんどん英語を覚えちゃう!ディズニーの無料英語DVDを試しました!

【失敗談含む】ママさん注意!学資保険を自分で探してはいけない3つの理由!

スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ