子ども(1才6カ月~2才)の運動機能を向上させる体を使った4つの遊び

子ども(1才6カ月~2才)の運動機能を向上させる体を使った4つの遊び

suberidai1.階段をのぼろう。運動機能を向上させる体を使った遊び。

階段をのぼることで、片足ずつに自分の体重を乗せ、体をどのように移動させるか体得します。

平衡感覚を身につけるのにも効果があります。まずは大型の積み木や箱で作った段差からスタート。手をついて段差を上るようにします。上ったら、次は後ろを向いたままでゆっくりと下ります。

初めのうちは、お母さんがおしりを軽く支えてあげて、片足ずつきちんと体重をかけるように練習させてあげてください。

手をつかなくても段差が上れるようになったら、今度は、マンションやスーパーといった階段にチャレンジ。お母さんと一緒に上ったり下りたりしましょう。

2.ストップ!運動機能を向上させる体を使った遊び

動きが活発になってくると、事故のリスクも高まるもの。

ちょこまか動き回る赤ちゃんは、本当にこわいもの知らずです。危険から身を守るためにも、立ち止まる練習は必要です。

「ストップ!」という声に反応してすぐに立ち止まることができれば、ふだんの事故防止にも非常に役立ちます。

歩き出した赤ちゃんに「ストップ!」と声かけ。立ち止まることができたら、思いっきりほめてあげましょう。

それにはまず赤ちゃんが「ストップ!」の意味を理解するところから。周りの大人が何度も繰り返して見本を見せてあげましょう。

3.ジャンプできるかな?運動機能を向上させる体を使った遊び。

とことこ期の子ども(1才6カ月~2才)では、ちょっとしたジャンプにも挑戦しましょう。ジャンプは瞬発力をつけると同時に、体を動かすタイミングも体得できる高度な運動です。飛べたことで得る達成感もひとしおですね。

初めのうちは、低い階段の1段目から赤ちゃんが自分で飛び降りるようにしてみましょう。この時のポイントは、両足をそろえて飛び降りること。

こわがらせては逆効果ですから、最初は低いところからスタートして様子を見ながらだんだん高くしていきます。高いところからジャンプする時は、こわがらなくなるまで大人が両手を持って手伝ってあげましょう。

4.すべりだい、すべろ。運動機能を向上させる体を使った遊び。

すべり台をすべるという動きから、頭の位置をじょうずに速さに合わせて固定し、外からの力にうまく対応することを身につけます。

まずは低い室内すべり台から。するするすべりおりる練習をします。もしこわがるようだったら、お母さんが片方の手をつないで、安心させましょう。

きちんと前を向いてすべることができるようになったら、今度は公園などのすべり台にチャレンジ。屋外のすべり台は高さがあるので、安心できるように、大人と一緒にすべるか、横から手を添えるようにしましょう。

小さいうちは、自宅用のすべり台も人気ですね↓

アンパンマンの子供用すべり台♪…楽天



七田式英語で子供が簡単にバイリンガルになる理由が知りたい☆

子供がどんどん英語を覚えちゃう!ディズニーの無料英語DVDを試しました!

【失敗談含む】ママさん注意!学資保険を自分で探してはいけない3つの理由!

スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ


  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.