子どもの「好き嫌い」をさせない食育cry_girl

子どもの「好き嫌い」をさせない食育

食べ物の嗜好がはっきりしてくると、子どもの好き嫌いに悩むお母さんも少なくないでしょう。

好きなもの以外は全く食べない子もいるでしょう。

あの手、この手を尽くしても頑なに食べないのです。

そんな時は、一体どうすれば良いのでしょうか。

答えは簡単です。

しばらく放っておきましょう。

子どもが食べないことが心配のあまり、「好きなものだけでも食べて。」と言っていませんか。

これは、好き嫌いを容認してしまう発言です。

放っておくとは、「これを食べないなら他には何もないよ。」と貫き通して、放っておくということです。

そして、食べずにご飯が終了し、後から「お腹が空いた」と言うこともあるでしょう。

そんな時、次の食事まで食べさせないという姿勢を貫き通せますか。

「かわいそうだから」と食べさせてしまいそうになってはいませんか。

そんな葛藤がある時は、本当にかわいそうな事は何かを一度、考えてみてください。

子どもが空腹であることがかわいそうなのか。

泣いていることがかわいそうなのか。

本当にかわいそうなことは、親に一貫性がないために、多くのことを学びそこなってしまう子どもの将来のほうが、かわいそうなことではないでしょうか。

食べることは、日々感じられる大切な命の営みです。

たとえば、食事の前に「いただきます」という事は、「あなたの命を私の命のために頂きます」という意味です。

そのような事を幼い頃から教えていくことによって、食に対する考え方は大きく違ってきます。

食べる前には「いただきます」というものだという事だけでは、食べ物に対する感謝の気持ちが育ちません。

食卓は、感謝の気持ちを学ぶ大切な時間なのです。

今は好き嫌いがあっても、このようなことを、教え続けていくことで、好き嫌いがなおることもあります。

親の姿勢がしっかりしていないと、いつまでたっても、好き嫌いはなおりません。

自分の中にも原因がないかどうかを見直してみましょう。



七田式英語で子供が簡単にバイリンガルになる理由が知りたい☆

子供がどんどん英語を覚えちゃう!ディズニーの無料英語DVDを試しました!

【失敗談含む】ママさん注意!学資保険を自分で探してはいけない3つの理由!

スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ