【幼児のしつけ】子どもに早寝早起きをしつける為のコツfamily_bed_kawanoji

<幼児の早寝早起きをしつけするためには?>

朝の準備が忙しい中、幼児がなかなか、早く起きてくれない…

さらに、夜は、全く寝てくれない…

早寝早起きしてくださいねと幼稚園や保育園から言われるけど、どうしたら習慣づくのかわからない…。

そんな疑問ばかりで頭をかかえてはいませんか?

その疑問をすっきり解決できるように、早寝早起きのしつけについてご紹介します。

<なぜ、早寝早起きするの?>

早寝早起きすると、成長ホルモンの分泌が良くなり、健康な身体をつくり出します。

昼間に健康的な活動をすることで、夜、眠ると、すぐに成長ホルモンが分泌され、心身ともに健康になると言われています。

ただ、早寝早起きをしなさいと言っても、幼児は嫌がるというもの。

「大きくなるため」「元気いっぱいになるため」など、早寝早起きの理由をしっかりと伝えましょう。

幼児の「なぜ?」をしっかりと解決することが大切です。

<早寝早起きのしつけをする方法は?>

早寝早起きするためには、まず、早起きから始めましょう。

眠たくても、幼児をまず起こし続けましょう。

そうすることで、朝起きるという体内時計が作られます。

そして、朝ご飯は毎日しっかりと食べるように。

日中、元気に過ごすためのエネルギー源になります。

そうすることで、日中の疲れから、夜早く寝ることに繋がります。

また、夕飯は作り置きなどをしておいて、早めに食べられるようにしましょう。

保育園などでママも遅い時などは、疲れているので、作り置きは、幼児にもママにも良いことです。

夜に寝る環境も大切。

テレビは早めに消して、一緒に寝床に入るようにしましょう。

見たいテレビは録画必須。

電気を暗くしたり、寝る前の決まりとして、絵本を読んだりすることを習慣づけるようしましょう。

<幼児に早寝早起きをしつけるためのまとめ>

早寝早起きの習慣をつける最大の方法は、パパやママがお手本になることが一番の方法です。

パパやママがいつまでも、テレビを見ていたり、スマホでゲームをしていたりしていては、幼児だって早く寝ることは出来ず、早起きも習慣づくことはありません。

家族で健康になるために、早寝早起きをするようにしましょう。



スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ