普段の生活中に赤ちゃん・幼児のしつけをするsituke1

生活の中のしつけには、いろんな種類があります。

 

しつけってどんなことから始めればいいのか、

悩んでいる方は、

まずこれから紹介する項目を参考にしてみてください。

 

生活中のしつけ:食べ方

食事のマナーは、大人になっても大切になってきます。

 

箸の持ち方にはじまり、お茶碗の持ち方、

食べる姿勢などにも気を配りましょう。

 

スプーンやフォーク、ナイフの扱い方、

基本的な食べ方をマスターした後は、

レストランなどでの外食の際のマナーも

教えておくといいかもしれません。

 

食べ終えた後の食器を片づけることも、

食事の一環としてしつけていきましょう。

 

生活中のしつけ:歯磨き

健康な歯を保つには、予防することが第一です。

 

毎日の歯磨きを習慣にしてしまえば、

虫歯予防になります。

 

赤ちゃん・幼児のうちは歯の磨き方が雑なので、

仕上げは大人がするようにしましょう。

 

生活中のしつけ:言葉づかい

英語などを幼いころから学ばせることに目が向きがちですが、

日本で生活していくのであれば、

まずは日本語をきちんと使えるようにしておくことが先決です。

 

単語ばかりではなく、

まとまった文章や敬語が使えると、大人になっても困りません。

 

あいさつなどは、親が率先して手本をみせましょう。

 

大人同士が気持ちよくあいさつをしていれば、

子どもも自然に真似をします。

 

また、日常の会話以外にも、

本を読み聞かせたりする時間を取るといいでしょう。

 

生活中のしつけ:排泄

おむつからトイレでの排泄ができるようにします。

 

したくなる前に行くなどの

タイミングを教えることが主な内容です。

 

和式、洋式のトイレ、

どちらも使えるようになるといいでしょう。

 

トイレをきれいに使うためには、

なども伝えるといいかもしれません。

 

生活中のしつけ:睡眠

寝る子は育つ、との言葉通り、

子どもはしっかりと眠る時間が必要です。

 

起きている間に学んだことを頭に定着させるためには、

一定時間以上寝る必要がある、

との研究結果もあるようです。

 

だらだらとテレビを見ていたり、

ゲームをして夜更かしをしてしまうと、

次の日の朝、起きられなくなります。

 

生活リズムを整えるためには、

大人が寝る時間に敏感になることが大切です。

 

生活中のしつけ:着衣脱衣

ひとりで服の着替えが

できるようになることがひとまずのゴールです。

 

上着をはおる、ズボンをはく、ボタンかけなど、

いくつかのハードルを越える必要があるでしょう。

 

それができるようになれば、服をたたむ、

しまうなどの管理や収納の方法なども教えていきます。



スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ