親離れと社会への第一歩「友だちと遊ばせよう」

親離れと社会への第一歩「友だちと遊ばせよう」catchball_friends親離れと社会への第一歩「友だちと遊ばせよう」

2歳を過ぎる頃には、お友達と遊ぶということができるようになります。お友達という最初の他人とうまく接することができる社会性は、他人に共感するという心を育てることで培われます。

ハイハイが始まれば友だちがわかる

6カ月ぐらいの赤ちゃんは、ほかの赤ちゃんと一緒に寝かせておいても、その子に興味を示すことはありません。まずは自分自身の存在をやっと確かめているような時期だからです。

ただ、6カ月というのは、その後しばらくすると、ほかの人の存在を気にかけるようになるという端境の時期でもあるのです。

その傾向が見られるようになると、一気に対人的知能というものが発達します。はいあるく運動が始まると、自力で移動できるようになるので、見えるものや触れるものの幅も広がり、自分と同じような赤ちゃんが見れば、興味津々で近づいたりもします。

少子化や核家族化の影響で、母親が孤独な育児に陥りがちだという傾向を問題視されて久しいところですが、母親が孤独ならば、赤ちゃんにとっても寂しい人間関係であることは間違いありません。

また、育児雑誌などの悩み相談でも、人と接するのが苦手な母親が、ママ友との関係に煩わしさを覚えて避けしまうなどとの理由から、子供にも友達ができづらいという悩みを散見します。

みんながみんな抱えている悩みというわけではありませんし、むしろ、そういう傾向にあった母親の子供同士が仲良くなって、自然と母親同士も少しずつ心を開けるようになるという発展的な例もありますから、まずは難しく考えず、できるだけ自分の子供を赤ちゃんの集まるところに連れていく機会を作り、赤ちゃんと接するチャンスをつくってあげましょう。

赤ちゃん同士がすぐに仲良しや友達になることはないでしょうが、自分ではない、自分に似た背格好の赤ちゃんを意識するということが大切なのです。

ショッピングセンターの乳幼児用の遊び場などで、まずは自由に運動させるといったところからなら、気軽にできるのではないでしょうか。似た年頃の子供が多く遊んでいて、清潔も保たれていますし、有料ならば安全監視員や指導員のいるような施設もあります。最初のステップとしては理想に近いはずです。

ショッピングモールに展開しているドラキッズは、ママ友を作りに行く人も多いようです↓

関連記事:人気の幼児教室「ドラキッズ」の料金、口コミ、評判を徹底調査!

友達づくりは共感から始まる

 生後1年以上過ぎると、本格的に自我の目覚めのようなものが現れてきます。自分が見つけたものや感動したことに、大人がどんなふうに反応してくれるかを気にするそぶりを見せることがあるでしょう。

1歳6か月ほどになると、できそうもないことでも「自分でする」「やってみたい」と主張するようになります。まだ言葉は話せないので、かわりに動作が少し乱暴になったり、態度が強硬になったりして、「強情な子」と 単純に片づけてしまう危険性もある時期でもあり、注意が必要です。

このくらいの月齢の赤ちゃんにとっても「友達」というのは、自分と同じものに興味を持っている、いわば同好会仲間です。

まだ言葉を持たないので、話しかけたりといった具体的な働きかけはありませんが、一緒に並んで遊びながら、何となく「楽しいね」「おもしろいね」という気持ちを共有し合う仲です。

そうすると、一緒に遊んでいる子のおもちゃが自分にとっても魅力的に見えたりして、しかし「貸して」と頼むすべをまだ知らないので、勝手にとろうとしたりすることがあります。

言葉が通じ、言い聞かせが通じるようになったら別ですが、この時期のこういった行動は、まだ問題行動とはいえません。子供は、一緒にいて楽しいと思える相手と同じもので遊んでみたいと考えて、その結果手が出ただけです。

しかし手を出されたほうも、それは自分のものだと思い、主張しますから、衝突につながることもあります。こんなとき、してはいけないことだと注意するのは大事ですが、「だめだよ」ではなくて、「これはこの子の「ダイジ」だよー」というように、相手の気持ちを推し量る方向に持っていきます。

「こっちはどうかな」と、別なおもちゃを与えてみるのも、この場合は有効です。

親子のかかわり同様、友人関係にも「共感」というものが大事です。2歳になれば、もっともっと可能性が広がり、ごく普通に仲良く楽しく遊ぶということもできるようになります。

その下地として「共感」は欠かせないのです。親としては、仲睦まじく遊ぶ我が子とお友達に「よかったね」「おそろいだね」などと声をかけることで、赤ちゃんは親との間の「共感」を感じ、それが子供の対人的知能向上につながります。



七田式英語で子供が簡単にバイリンガルになる理由が知りたい☆

子供がどんどん英語を覚えちゃう!ディズニーの無料英語DVDを試しました!

【失敗談含む】ママさん注意!学資保険を自分で探してはいけない3つの理由!

スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ


  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.