月齢に見合った上手な生活リズムの整え方の極意

月齢に見合った上手な生活リズムの整え方の極意baby5

月齢に見合った上手な生活リズムの整え方の極意

各家庭の生活環境や赤ちゃんの個性も関係してきますから、赤ちゃんの生活パターンは一つとはいえません。

そうした生活パターンは、脳はもちろんのこと、体の機能や健全な発達に大きくかかわるものなので、規則的な生活パターンは大変重要なものです。

個性を尊重して環境づくりを

生活のリズムというのは、赤ちゃんの健康を保つ上で基礎となるものです。人間の体には、自律神経の活動・休息、ホルモンの分泌など、いろいろなリズムがあります。

体温や脈拍といった、いわゆるバイタルサインは、1日の中のほぼ決まった時間帯に、最高値と最低値を示すようになっています。

大人の体で考えると、仕事などの関係で多少生活のリズムが不規則になってしまったとしても、少々無理をしたり、どこかで取り返したりといった調整ができるものですが、脳や自律神経系の機能が未発達な赤ちゃんや幼い子供にとっては、生活リズムの狂いは大変な負担になるのです。

その負担はいずれ心身の発達の妨げにもつながります。難しく考えなくても、1、2歳の子供が、ごはんを食べる時間が一定でなかったり、夜中にようやく寝ついて昼ごろようやく起きてくるような生活を続けていたら、幼稚園や小学校に入るころ、集団生活についていけなくなるというのは、容易に想像できるのではないでしょうか。

健全に心と体を育てるため、「寝る子は育つ」というように、眠るべき時間帯にしっかりと睡眠をとり、血肉やエネルギーとなる栄養をしっかりとれるような、リズムの整った生活を、ぜひ赤ちゃんにはさせてあげてください。

赤ちゃんが自分の意思で生活時間の配分をすることは不可能なのです。親の責任として、おっぱい(食事・栄養補給)やねんね(睡眠)の時間がしっかりとれるような環境をつくるべきです。

生まれたばかりの赤ちゃんは寝てばかり、とはいいますが、それでもおなかがすけば泣き、ごはんを要求します。生まれ持った基本的な生活リズムのようなものはきちんとあるものです。

親がゼロから築き上げなければならないようなものではなく、赤ちゃんの個性に応じ、一番具合がいいように調整してあげればいいだけです。

生活の乱れは早めに改善を

朝は、例えば8時と決めたら8時に起こす、昼は外に出てほかの人と接する機会をつくったりして、めりはりのある行動をとらせる。夜の睡眠に支障が出ない程度の午睡も大事。

眠いとぐずったりするので、御機嫌なうちにお風呂に入れて清潔を保つ(お風呂は気持ちよく楽しいものだと思ってもらうのも大事です)などのことを、まずは心がけてみましょう。

授乳は月齢が上がるにつれ、「1回量が多め回数少なめ」という成人の食事にパターンが似てきますし、さらに進んで離乳が始まってくると、三度の食事が中心となった生活のリズムもつくりやすくなってくるでしょう。

ところで、どんなときでも不測の事態というものは起こりますし、気の緩みも出てきます。大人の生活のほうが乱れたり、ちょっとしたパターンの変化があったりすると、赤ちゃんの生活にもまた影響が及びます。

例えば、夜遅くに帰ってきたお父さんが、かわいい我が子と少しでも遊びたいからと無理やり起こしたり、たまたま旅行に行くことになったり、慶事や法事で遠方に出かける用が出来たりなど、「仕方なかった」「悪気はない」「こんなはずでは」と思っても、それが赤ちゃんの生活リズムを乱してしまうのは事実なのです。

そのようになってしまった場合、できるだけ早いうちに立て直せるように努力してください。

睡眠のリズムが狂ってしまったときは、就寝時間ではなく起床時間の方を考慮した方がうまくいきます。つまり、早く起こして、昼間は体を動かすように促して、夜になったら自然に眠くなるように体内時計を作っていくのです。

旅行の際も、理想をいえば、家にいるときと同じような時間帯に赤ちゃんの食事や睡眠の時間を確保できるように組み立てたほうがいいでしょう。

親心としては、子育てにいいことは何でも試したくなるということもあるでしょうが、あれもこれもやらなくちゃ、厳守しなくちゃという姿勢では、親の方の息が切れてしまいます。

これはこの子にとってさして必要ないのではと思われることは、思い切って省くことも大事です。例えば、外のお散歩でいつも体調を崩すような場合は避けるとか、早期教育のレッスンといったたぐいのことを例に挙げればわかりやすいでしょうか。

もう少し大きな子供にとっても重視されている「早寝早起き朝ごはん」というベースの部分をあくまで重視して、よい環境を整えてあげましょう。



七田式英語で子供が簡単にバイリンガルになる理由が知りたい☆

子供がどんどん英語を覚えちゃう!ディズニーの無料英語DVDを試しました!

【失敗談含む】ママさん注意!学資保険を自分で探してはいけない3つの理由!

スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ


  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.