トイレトレーニングはいつから?どうやって?ポイントは?

トイレトレーニングはいつから?どうやって?ポイントは?toilet

トイレトレーニングはいつから?どうやって?ポイントは?

2歳前後はおむつはずれにトライする時期と言われています。

膀胱の容量が増えること、言葉が発達して意思表示ができるようになっていることから、この時期にトイレトレーニングを始めることが推奨されています。

しかし冬場はどうしてもトイレの回数が多くなってしまうので、いざやろうとしてもなかなか実行に移せない時期でもあります。

またこの時期にお母さんが下のお子さんを妊娠中とかであれば、手をかけてあげることができず、結果先延ばしになってしまうこともあります。

ですが、安心してください。

トイレトレーニングは早く始めたから凄いとか、早くおむつが外れたから良いとか、そんな風に優劣をつけるものではありません。

幼稚園に入る前までに取れていればいいな~くらいの気持ちで始めましょう。

完璧を求めるとお母さんが気疲れしてしまいますよ。

トイレトレーニングはいつから?どうやって?ポイントは?:【始めるタイミング】

冒頭にも少し書きましたが、2歳前後であること、子供が意思表示できること、1人歩きできること、おしっこの間隔が2時間以上空くこと、これらが大前提です。

おむつのおしっこラインの色が変わっていなかったら、おまる(もしくは補助便座)に座らせてみましょう。

最初にやるべきことはおまるに慣れさせることではなく、まずおしっこが出る感覚を覚えてもらうことです。

この感覚を覚えて、且つ教えて貰わないとトレーニングが始まりません。

トイレトレーニングはいつから?どうやって?ポイントは?:【とりあえず褒める】

おまるでおしっこできたら、「ちゃんとおしっこできたね」と褒めてあげましょう。

おまるに座る直前におむつにしてしまったら、「ちゃんと教えてくれたね」と褒めてあげましょう。

おしっこは1日何度もあることなので、おしっこの度に怒られてしまっては、子供も嫌がったり落ち込んだりしてしまいます。

1度嫌がられてしまったら、そこから気持ちを立て直すのは難しいです。

この時期は褒めて伸ばす、これが原則です。

トイレトレーニングはいつから?どうやって?ポイントは?:【目標を持たせる】

トイレトレーニングが遅々として進まない場合は、子供に目標を持たせましょう。

よくあるのが、きちんとトイレでおしっこが出来たらシール1枚をプレゼントするやり方ですね。

他にも「○日の誕生日までに」とか「△日のお出かけの日までに」とイベントにあわせて頑張るやり方です。

昔からよくあるやり方ですが、今もウケているようです。

おしっこはおまるできるけれども、うんちはおむつじゃないとダメ等、子供によって進み具合が違います。

また家ではちゃんとできるのに、慣れない外出先では失敗しちゃうといった子供の精神状態に左右されることもあります。

なかなか終わらないトイレトレーニングに頭を悩ませるお母さんもいるかと思いますが、悩んでも仕方ありません。

一生おむつで生活するわけではないのですから、失敗したら次成功すればいいや!と気楽に考えてください。

習うより慣れろ、です。



七田式英語で子供が簡単にバイリンガルになる理由が知りたい☆

子供がどんどん英語を覚えちゃう!ディズニーの無料英語DVDを試しました!

【失敗談含む】ママさん注意!学資保険を自分で探してはいけない3つの理由!

スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ


  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.