子どもの褒め方、子育てで効果的な7つの方法

子どもの褒め方、子育てで効果的な7つの方法kosodate_nadenade_girl

子どもの褒め方、子育てで効果的な7つの方法

子育てにおいて「子どもを褒める」ということはとても重要なことですが、なかなかそれがうまくできないという人は少なくないと思います。

もしかしたら子育ての悩みの中で最も多い類のものかもしれません。

一体どのような褒め方をすれば子どもを伸ばすことができるのでしょうか?

子どもを伸ばすのに効果的な褒め方には次のようなポイントがあります。

子どもの褒め方、子育てで効果的な7つの方法 : ①直接心を込めて褒めてあげる

子どもは大人が思っている以上に敏感で純粋です。

そのため大人がうわべだけの言葉で褒めるても、子どもにはすぐにそれが分かってしまいます。

目を合わせるなど面と向かって態度に表した褒め方をすることが大切です。

子どもの褒め方、子育てで効果的な7つの方法 : ②何が良かったのか具体的な内容で褒めてあげる

ただ単に「よかったよ」「ありがとう」などと褒められても、子どもは自分の何を褒められたのかが分かりません。

「字がきれいに書けていてよかったよ」とか「靴をしまってくれてありがとう」など、具体的にどんな行動を褒めているのかわかるような褒め方をすることが大切です。

子どもの褒め方、子育てで効果的な7つの方法 : ③褒めるタイミングを逃さない

褒められるような行動ができた時にはすぐにその行動を褒めてあげることが大切です。

時間が経ってからいくら褒められても子どもは何のことだかわからなかったり、しらけてしまいます。

子どもの褒め方、子育てで効果的な7つの方法 : ④結果がうまくいかなくてもプロセスを褒めてあげる

一生懸命頑張っても結果が思わしくないことは良くあることです。

だからと言ってそこに至るプロセスには必ず良い点もあるはずです。

1つでも良い所を見つけ、それを褒めてあげることが次に頑張ることができる原動力を生み出します。

子どもの褒め方、子育てで効果的な7つの方法 : ⑤第3者を通じ間接的に褒めてあげる

なにも直接褒める褒め方ばかりがいいというわけではありません。

「○○ちゃんが・・・・って褒めていたよ」というように他の人が褒めていたことを第3者の言葉で伝えてあげるという褒め方も子どもにとっては大きな喜びとなります。

子どもの褒め方、子育てで効果的な7つの方法 : ⑥手紙やメール、電話などを使って褒めてあげる

常に面と向かって言葉で褒められていると、子どももうれしい感覚が薄れてしまいがちです。

時には手紙やメール、電話など別の手段を使って褒めてあげるのもまた嬉しいものです。

子どもの褒め方、子育てで効果的な7つの方法 : ⑦当たり前に継続していることでも褒めてあげる

例えばあいさつなど、毎日当たり前に続けていることは、だんだんと褒める機会が少なくなりがちです。

毎回褒める必要はありませんが、子どもが毎日継続できていることでも時々は褒めてあげることが大切です。

このように言葉という形にして子どもに気持ちを伝えることはとても大切なことです。

またほんの少し褒め方に気を配ることで、子どもの気持ちは大きく変わります。

「子どもをどんなふうに褒めたらよいのかわからない」などの悩みを抱えている方は、是非このポイントを頭において子どもを褒めてあげてください。



七田式英語で子供が簡単にバイリンガルになる理由が知りたい☆

子供がどんどん英語を覚えちゃう!ディズニーの無料英語DVDを試しました!

【失敗談含む】ママさん注意!学資保険を自分で探してはいけない3つの理由!

スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ


  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.