子どもに好かれるためのスキルとは?幸せな人間関係を作るため必要なことは?310f717a

子どもに好かれるためのスキルとは?幸せな人間関係を作るため必要なことは?

同じ人間なのに、子どもに好かれる人とそうでない人というのはいるものです。

中には「全く怒っていなくても子どもに怖がられる」というような人もいます。

もちろん持って生まれた顔つきの違いが原因であることもゼロではないと思います。

しかし必ずしもそこに原因があるわけではないようです。

子どもに好かれるかどうかはそれなりのスキルを持って接することと、その背景に幸せな人間関係があるかどうかによって大きく左右されます。

幸せな人間関係を持っている人はよく笑い、そうでない人は笑顔も少ないと言われています。

誰かを恨んでいたりネガティブな感情を持っていると笑顔でいられないというのは当然ですよね。

そしてそんな人には子どもだけでなく大人でも近寄りたくないでしょうし、関わりを持ちたくないと思うものです。

反対にニコニコ微笑んでいる人というのは見ているだけで気分が明るくなりますし、仲良くなりたいと思うはずです。

つまり笑顔でいることが人に幸せな人間関係を作らせ、ひいてはそれが人に好かれる、子どもに好かれるスキルであると言えるのです。

特に子どもというのは笑っている顔がとても好きです。

そのため大人の感情の変化にも敏感ですから、少しでも機嫌が悪そうな人には「怖い」という感情が先行するため、決して近づいたりしません。

ある実験で、生後間もない赤ちゃんに「笑った顔のお面」と「怒った顔のお面」の両方を見せるという実験をしたところ、赤ちゃんは笑った顔を注視したという結果が得られました。

このように人間というのは本能的に笑っている顔が好きなのであり、子どもに好かれる人というのは笑顔を絶やさない人なのです。

別の実験では、「よく笑う人ほど経済的にも豊かである」という実験結果も出ています。

つまり笑顔は私たちの人生そのものを豊かにしてくれるものなのです。

もしも今「子どもにいつも怖がられる」とか「なぜか人が寄ってこない」などの悩みを持っている人がいるとしたら、まずは自分が周りの人に対して笑顔でいるかどうかを一度思い返してみてください。

ネガティブな感情や否定的な感情ばかりをもっていないかどうか、思い返してみてください。

そして思い当たるようであればそうしたネガティブな感情は一旦置いておき、笑顔でいることを心掛けてみてください。

それが子どもに好かれるための最大のスキルであり、あなた自身がこれから先幸せな人間関係を築いていくために一番大切なことなのです。



スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ