習い事を始めるうえでの注意点recorder_boy

習い事を始めるうえでの注意点

最近では小さいうちからたくさんの習い事に通っている子も少なくありません。

ピアノに英語、スイミングに公文など、今の子どもたちは昔では考えれられないほどの習い事に通っていると思います。

確かに習い事は子どもに色々なことを身につけてもらうために効果的なものです。

しかし習い事を始めるうえで2つの注意点があります。

1つは、「子どもが忙しくなり過ぎないようにする」ということです。

子どもによっては1週間毎日何らかの習い事がある、もしくは1日に2つ掛け持ちで習い事がある、という子もいるようです。

そんな忙しい生活を毎日送っていたら大人でも疲れてしまいますよね。

子どもが疲れてしまうのは当たり前です。

習い事で帰りが遅くなれば、当然全ての生活サイクルが遅くなり睡眠時間も少なくなってしまいます。

習い事が忙しくて睡眠不足になり、授業中にボーッとしてしまうようでは習い事に通わせている意味がなくなってしまいます。

そのため習い事に通わせるのであれば、子どもが楽しく元気で通える範囲にとどめておくことが大切です。

もう1つは、「子どもの塾や習い事は、親の自己実現の手段ではない」ということです。

これは、子どもはやりたくないのに親が無理やり通わせているというパターンです。

親は通わせることで自己満足しているでしょうが、通っている本人にやる気がないのですから当然上達もせず叱られてばかり・・・という状況になってしまいます。

これでは子どもに自信をつけさせるための習い事が、逆に自信を失わせるためのものになってしまいます。

また、叱られ続けることで余計に苦手意識を持つようになってしまいます。

習い事に関しては、親は「こんな習い事もあるよ」というような選択肢を提示する程度にとどめてておくことが大切です。

どんな選択肢を提示しても子どもが乗り気でない時もあると思いますが、それでも焦らずじっと待っていてください。

そのうえで子どもの気持ちを尊重し、子どもが自分から「習いたい」と言い出した時に習わせるかどうかを考えても遅くはありません。



スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ