イメージ力のアップが大きなカギとなる「頭が良くなる方法」

イメージ力のアップが大きなカギとなる「頭が良くなる方法」syukudai_boy

イメージ力のアップが大きなカギとなる「頭が良くなる方法」

誰でも「頭が良くなりたい」と思う気持ちはありますよね。

しかし具体的にどんなことをすれば頭が良くなるのかが分かる人は少ないでしょうし、「頭の良し悪しなんて生まれた時から決まっている」と思って諦めている人もいるでしょう。

もちろん先天的な要因もゼロではありません。

しかしほんのちょっとした事でも、毎日実行することによって脳は刺激を受け活発に働き頭が良くなるのです。

ここでは頭が良くなる簡単な方法を説明していきたいと思います。

脳というのは、イメージできないことはなかなか実行することができません。

そのため頭を良くするためには、まず脳の中でイメージする力を強化し、自分の目標が達成できたり仕事がうまくいくことをイメージできる習慣をつけることが大切です。

例えば脳のイメージ強化をはかるトレーニングには次のような方法があります。

イメージ力のアップが大きなカギとなる「頭が良くなる方法」:①歌詞を書き出す

どんな音楽でも構いませんが、音楽を聴いて歌詞をかきだすという作業をします。

歌のスピードに合わせて歌詞を書き出すのはなかなか難しいと思いますが、たとえうまく書き出せなくても書き出した言葉から情景をイメージすることが大切です。

書くことが目的ではないため、上手く書き出せないようであれば歌詞カードを見て書いても構わないでしょう。

大切なのは曲を聴きながら書いた言葉でイメージを思い浮かべるということです。

イメージ力のアップが大きなカギとなる「頭が良くなる方法」:②1日の中で起きたことを紙に書いていく

1日の中で起きたことや感じたことを、小さな紙に順番に書き上げていくという作業をします。

そして書き出したことを夜思い出してまとめていく、このような単純な作業でも脳のイメージ力はアップします。

イメージ力のアップが大きなカギとなる「頭が良くなる方法」:③行動日記と感情日記をつける

日記をつけるのですが、その際に実際にした「行動」と「感情」とを分けて書き出すという作業をします。

この作業をして「感情」について書き出す項目が少なければ、毎日がつまらないと感じる生活になっているかもしれません。

普段何気なく過ごしていると気が付かないような感情でも、改めて書き出すことで脳にとっては刺激になり、表現力やイメージ力をアップさせることにつながります。

また常に脳が緊張状態にあることも、頭を良くするうえでは妨げとなります。

好きな音楽を聴くなどして脳をリラックスさせることも、頭が良くなるためには欠かせません。

さらには目の動きを滑らかにしておくことも脳を活発に働かせるうえでは重要です。

普段はあまり動かさないような方向にも目を動かしたり、目を休めストレッチをするだけでも脳が刺激されます。

このように、頭が良くなるためには目と脳の両方をリラックス・刺激してあげるという方法が最も効果的だと言えるでしょう。



七田式英語で子供が簡単にバイリンガルになる理由が知りたい☆

子供がどんどん英語を覚えちゃう!ディズニーの無料英語DVDを試しました!

【失敗談含む】ママさん注意!学資保険を自分で探してはいけない3つの理由!

スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ


  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.