日本の幼児教育でも採用されている?イタリアのモンテッソーリ教育images (61)

日本の幼児教育でも採用されている?イタリアのモンテッソーリ教育

モンテッソーリという言葉をご存知でしょうか。

日本でも、このモンテッソーリ教育が幼稚園で行われているところがあります。

イタリアはモンテッソーリ教育を重視しています。

自然に自らの力で様々なものを触り、自発性を重んじています。

縦割り教育というのもモンテッソーリの基本ですね。

ではイタリアではこのモンテッソーリの教育はどのように行われているのでしょうか。

モンテッソーリ教育の始まり

ダウンロード (31)

イタリアの幼児教育で最も有名なのはマリア・モンテッソーリのモンテッソーリ式教育です。

日本でも多くの方が一度耳にしたことがあるのではないでしょうか。

マリア・モンテッソーリはイタリアで初の女性医学博士となりました。

知的障害児の治療成果から一般の幼児教育に応用したのがモンテッソーリです。

 

モンテッソーリ式幼児教育を専門的に実践する「子どもの家」と呼ばれる場所で、「教具」と呼ばれる良く考えられた木製玩具(子どもの感覚を刺激する)を使用した感覚教育を行います。

形や大きさ、重さなど、楽しい遊びの中で数や大きさなど様々な感覚を自然に身に付けられるように考えられています。
幼児が生まれながら持つ、自ら学ぼうとする力に着目し、幼児期の発達に適した環境を整えることにより、幼児自ら考え、決断し、行動をするという生きる力の基礎を作る考え方です。

ただ言われた事をする゛良い子゛では本当の意味での成長には結びつきません。

自ら発見し、自ら学び成長する子ども達は輝いて見えます。

モンテッソーリ教育は自ら成長する力、生きる力を育む大変素晴らしい教育法の一つです。



七田式英語で子供が簡単にバイリンガルになる理由が知りたい☆

子供がどんどん英語を覚えちゃう!ディズニーの無料英語DVDを試しました!

【失敗談含む】ママさん注意!学資保険を自分で探してはいけない3つの理由!

スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ