小学校から英語授業が必須に!関心が高まる英語教育english_book_boy今回は小学校の英語教育について書いていきたいと思います。

小学校から英語授業が必須化

昨今は小学校から英語授業が必須化され、ますます英語教育に関心が集まってきています。

英文字や英語の曲があふれ、ツイッターやフェイスブックなど外国の人々と気軽にやりとりできる世の中です。

今や英語は習得すべきものと言えるでしょう。

小学校から英語教育を始めたら良いの?

これは様々な事が言われており、何が正しいのか正直分かりません。

小さい頃は耳の発達が素晴らしいそうですが、その時期はまず母国語である日本語をしっかり学ぶべきとの意見もあります。

その頃に英語を耳に聞かせておかないと、英語の聞き分け能力が低くなるなんて話もあります。

わたしは、なるべく早く英語に触れさせてあげたほうが良いと思います。

理由は、母国語である日本語をを勉強しても英語が邪魔になるわけではないからです。

どちらも聞かせてあげれば問題ないと思っています。

このご時世なので、諸外国出身のパパ・ママも少なからずいます。

あるママは英語圏出身でパパは日本人・子供は幼児・小学校と二人いるのですが、二人とも見事なまでのバイリンガルです。

ママとは英語でやりとりしてるし、他の人と話す時は年齢相応の日本語で話す。

小学校の子はママと他の人の通訳・橋渡しまでしています。

そんな様子を見ていると、小さい時から英語に触れることに弊害はないのではと思います。

日本語と英語教育どちらを優先するか

ただ日本人として、まず日本語をしっかり理解して正しい言葉づかいができるように導くことが最優先なのは間違いありません。

私の場合、英語は幼稚園時代から少しずつ、身近な単語を教えています。

車や雨・雪・太陽・犬…。お風呂から上がる前に10まで英語でカウントダウンとか。

まだまだ話すとか意志疎通とかには程遠いですが、「これは英語で何というの?」と聞いてきます。

ただし、無理強いすると嫌がりますので、適度にするのがポイントです。

英語は苦手だから、子供に教えるのが不安…という人もいるでしょう(私もです)。

そういう人には幼児向けの通信教育も良いと思います。親向けの丁寧な解説が載ってたりします。

また今は子供向けの英語辞書とか小学生向け単語帳などもあります。

絵やひらがなで分かりやすく書いてあり、少なくとも中・高校生向けのよりは取り組みやすいです。

 

あと、子どもに人気のディズニーの英語教材などもオススメです。

幼児向けのディズニー英語教材には体験DVDが無料プレゼントされます。

この無料DVDだけでも十分こどもは楽しんでいますよ!

管理人が頼んだ英語教材の体験版のレビューしています! ⇒ ディズニーの幼児用の英語無料教材



七田式英語で子供が簡単にバイリンガルになる理由が知りたい☆

子供がどんどん英語を覚えちゃう!ディズニーの無料英語DVDを試しました!

【失敗談含む】ママさん注意!学資保険を自分で探してはいけない3つの理由!

スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ