赤ちゃんのあおむけマッサージ方法1「おなか、あし、おしり」baby_massage赤ちゃんのあおむけマッサージ方法「おなか、あし、おしり」の方法を紹介します。

頭から最も遠い足から始め、おしり、おなか・胸・肩、手足、頭というふうに進めます。

マッサージの最中に気持ちよくなった赤ちゃんは、思わず排泄してしまうこともあります。バスタオルやおねしょシーツなどを使いましょう。

また、赤ちゃんはうつぶせの方が落ち着くので、うつぶせから始め、その後あおむけけにしてください。

赤ちゃんのあおむけマッサージ方法:おなか

1 はじめに おなかをくるんと、ごあいさつ

手にオイルをたっぷり取って、手のひらをこすり合せるようにしてオイルを温めます。「さあ、マッサージ始めちゃうよー」といった感じが話しかけながら、まずは赤ちゃんのお腹にくるっと1回、あいさつがわりのオイルを塗ります。

赤ちゃんのあおむけマッサージ方法:足

2 太ももから足先までオイルをなじませる

脚のつけ根から足先という方向で、脚の両側面をかわるがわる、あくまで優しくなでおろすようにマッサージします。手の親指のつけ根が赤ちゃんの足から離れないように心掛けると、スムーズにマッサージできます。

3 指と指の間のを広げる

今度は、小さなあんよをマッサージ。

赤ちゃんのかかとを手のひらに載せて、小指側から順番に軽くつまみ、指と指の間を広げるように意識してマッサージします。これを両足でやりましょう。

4 親指で足の裏をさする

足の裏の真ん中の部分を、親指で5回ほど上下させるようにさすってください。指圧とは違うので、力が入り過ぎないように。指の腹ではなく、腋の部分を使うと力が弱まってぐあいがいいと思います。これを両足にやります。

5 くるぶしを両手でサンドイッチ

くるぶしの部分を両手で挟むようにして、前後にさすります。「ほら~、サンドイッチだよー」などと明るく声をかけながらやってみます。これを両足で。

赤ちゃんのあおむけマッサージ方法:おしり

6 足を折り曲げておしりをグルリ

足をやさしく折り曲げて下から手を入れ、おしりに手で円を描くようにマッサージします。仙骨といわれる尾てい骨の下あたりを優しくなでます。

7 やさしくなでおろす

6で曲げていた足を伸ばしてやり、脚の付け根からつま先の方向に、脚の両側面を交互に優しくなでおろします。強く引っ張らないように、あくまで優しく。両足にやってみてください。

8 おしりをまるくなでる

6のときと同様、両方の足首をお腹の方に持ち上げて、下から手を差し入れてお尻を丸くなでます。

ベビーマッサージはオイルを使うと効果が高まるうえに保湿&乾燥対策になります↓
日本精製で完全無添加なので赤ちゃんにも安心♪オリーブスクワランオイル…楽天

ベビーマッサージの効果についてはこちら↓
関連記事:感覚と心を育む「ベビーマッサージ」の4つの効果と注意点

この赤ちゃんのあおむけマッサージ方法には続きがあります。
続きの記事:赤ちゃんのあおむけマッサージ方法2「あたま、うで、むね」



スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ