リアルな数字に驚愕!?子育てにかかる費用はどのくらい?

リアルな数字に驚愕!?子育てにかかる費用はどのくらい?nayamu_girl

子育てにお金はつきもの!子どもの教育費、かかる費用はどのくらい?

子育てをするうえではいろいろな面で多くのお金がかかります。

分娩日からおむつ代、ミルク代、医療代・・・挙げていけばキリがありません。

中でも教育費というのは子どもが大きくなるにつれて、子育てにかかる費用の中で大きなウェイトを占めるようになります。

例えば大学にかかる費用というのはかなりのものであり、計画的に教育費を貯蓄しておかなければいざという時にお金がないという事態になりかねません。

まず、まとめて教育費が必要となる時期を大きく2つに分けて考えてみましょう。

子育てにかかる費用はどのくらい?①大学時代の4年間

大学の授業料は私立だけでなく国公立でも決して安くはありません。

また入学時には入学金が必要であり、トータルすると私立大学で735万円、国公立でも500万円ほどのお金がかかると言われています。

自宅から遠く離れた大学に通うとなれば下宿代などの費用も必要となるため、その金額はさらに上がります。

これは子ども1人当たりにかかるお金ですから、子どもの人数分だけ金額は倍になります。

もちろんこれらの費用全てを親が用立ててやる必要なないと思いますが、最低限の費用は用意してあげる必要がありますので、しっかりと計画的に貯蓄していくことが重要です。

子育てにかかる費用はどのくらい?②幼稚園から高校まで

幼稚園や小学校、中学・高校も、公立か私立かによってかなりかかる費用は違ってきます。

例えば幼稚園でも私立と公立とではかかる費用が総額100万近く、小学校では650万近くもの違いがあります。

ですので、幼稚園から高校まですべて私立に通わせようと思えば、目がくらむほどの費用が必要となります。

このように見ていくと、子育てにはいつの時期も教育費が必要になります。

教育費を簡単な質問に答えるだけで計算できます ⇒ 教育費がいくらかかるかご存じですか?

子育てにかかる費用はどうやって貯蓄すればいいの?

答えは子どもが小学校の時。

小学校は公立に通うという子が大半だと思います。

更にある程度大きくなってきているので「お留守番」もできるようになってくるので、お母さんも働いて家計を助ける事もできます。

また、小学校時代は子ども小さいですから食費や生活費もまだまだかかりませんので、なるべくこの時期に教育費としてお金を貯蓄しておきましょう。

少ない金額でも効率の良い積立方法や学資保険を活用するなど、いろいろな運用方法がありますので活用してみるのもよいかもしれません。

関連記事:【失敗談含む】学資保険は自分で探してはいけない3つの理由

一貫校で子育て費用や教育費を貯める期間を設ける

しかし、お金がなくても良い学校に通わせたいというのが親心ですよね。

そんな時は小学校4年ごろから教育費を塾に通わせることに充てて、公立の中高一貫高に入学させるという手もあります。

もちろん塾にかかる費用は安くはありません。

3年間で200万円近くはかかると言われています。

塾の費用を捻出するのが難しければ通信教育でも中高一貫校の受験対策はできますので、通信教育による受験対策をするという選択肢もあります。

公立の中高一貫校なら高校まで公立なので、高校時代まで教育費を貯めることができます。

子育てにかかる費用はどのくらい?まとめ

教育費というのは人生で2番目に大きな買い物と言われるように、多くの費用が必要となります。

しかし就職難の時代である今、「大学卒業」を就職の募集要項に掲げる企業も少なくありません。

すなわち大学へ行かなければ、就職のスタートラインに格差が生まれるということが言えると思います。

厳しい家計の中から教育費を確保することはとても大変だと思いますが子育てにはお金はつきものです。

子供の将来のための投資として是非計画的に貯蓄をしたり、学資保険などで子育ての費用を上手く運用していく事は親として必須の義務と言えるのかもしれません。

関連記事:【失敗談含む】学資保険は自分で探してはいけない3つの理由



七田式英語で子供が簡単にバイリンガルになる理由が知りたい☆

子供がどんどん英語を覚えちゃう!ディズニーの無料英語DVDを試しました!

【失敗談含む】ママさん注意!学資保険を自分で探してはいけない3つの理由!

スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ


  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.