0歳~3歳までの赤ちゃんの上手な絵本の選び方dokusyo

赤ちゃんの為のじょうずな絵本の選び方を年齢別に紹介

「絵本っておもしろいね」と、親子そろって満足を得るためには、子供の発達にふさわしいものを選ぶことが大事です。まずはそこを前提として、「お母さんもこれ大好きだよ」と言えるものを選べたら最高です。

0~1歳 親と子のつながりを深める時期。読み聞かせもその手段です

ママやパパの聞きなれた声を聞かせて

0歳~の赤ちゃんが最も好きなのは、パパ、ママの優しい抱っこ、お話しする声といったところでしょうか。そんな時期の絵本は、絶好のコミュニケーションの道具です。

まだねんねしている時間が長いような時期は、「いないないないばあ」が楽しめる絵本や、手遊び唄の本などはいかがでしょう。聞きなれた声で語りかけられ、心が安定して育ちます。

絵本っておもしろい!からスタートします

0歳から首が据わって、目をきょろきょろさせるようになったら、文字情報の少ない絵本(極端な話、絵だけの絵本)を見せて、お話を作りながら読み聞かせるのも楽しそうです。赤ちゃんの身近にある物食べ物や動物などの絵が描いてある絵本も選び方としては良いですね。

まだ分別なく何でも口元に運ぶ時期でもありますので、布製の絵本や、厚い紙でできた本がお勧めです。ポップアップ式の仕掛け絵本も目に楽しく、選び方としてとても良いと思います。

絵本は手の届くところに

はいはい歩きで自分の好きに移動できるようになってきたら、絵本は自分で手に取れるところに置いておいてあげましょう。自由に本に触れられる環境で、本を身近に感じるようになります。

「どれがいいかな」と自分で手に取れるようにします。「これ読んで!」と渡してきたら、事情が許す限り読んであげてください。

1~2歳 本の楽しさがわかってきて、リズムや響きのいい言葉に反応

1歳ぐらいになると、本を本として認識できるようになります。つまり、見て楽しんだり、読んでもらったりするものというのがわかってくるのです。このくらいになったら、短い文章ならば文字のあるものでも大丈夫。

この月齢向けとして出版されている絵本をいろいろ見てみるとわかると思いますが、同じ言葉のリフレインで構成されているような、シンプルなもののほうが、赤ちゃんは喜びます。

「ごろごろ」「パタパタ」など、言葉の響きがおもしろいものを読み聞かせると、体で反応して喜ぶこともあります。

「朝起きたらごあいさつ」「ご飯の前には手を洗おう」といった、日常生活の大事なことがわかりやすく絵解きされたようなタイプの絵本も、生活の基盤をしっかりさせるのに役立ちます。ただし、「お勉強」にはならないように、あくまで楽しく。

2~3歳 きちんとしたストーリーも理解。興味あるジャンルにこだわる子も

これぐらいの月齢ならば、ある程度長いお話でもある程度腰を落ち着けて聞けるようになりますから、筋のきちんとある「お話」を読んでも喜びますし、親としても読み聞かせておもしろいと思います。

自我が目覚めてくる時期でもあるので、乗り物好きな男の子が電車の本ばかり読んでほしがったりするといったこともあります。そういった好みを尊重することはもちろん大事ですが、そこをベースとしながらも、できるだけさまざまな絵本に興味を示すように持っていくことが大切です。

例えば電車好きならば、最初は電車が中心の絵本を、次には「電車で旅をするシーンが出てくる、別なテーマのお話をといったぐあいです。

興味がある分野であれば、子供向けでなくても、きれいな写真や絵のたくさん入った図鑑、写真集といった本格的なものを「見せる」のもいいかと思います。

関連記事:脳を育む「絵本の読み聞かせ」の4つの素晴らしい効果

関連記事:赤ちゃん・幼児のおすすめ絵本の選び方

関連記事:赤ちゃんへの絵本読み聞かせもっと楽しむ4つのポイント

関連記事:絵本読み聞かせのよくある疑問と悩みを解決!



七田式英語で子供が簡単にバイリンガルになる理由が知りたい☆

子供がどんどん英語を覚えちゃう!ディズニーの無料英語DVDを試しました!

【失敗談含む】ママさん注意!学資保険を自分で探してはいけない3つの理由!

スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ