才能が伸びる?どんな教室がいい?乳幼児期の習い事才能が伸びる?どんな教室がいい?乳幼児期の習い事

ベビースイミングを始め、乳幼児を対象とした様々なおけいこ事や教室が盛んです。わが子の才能を見つけ伸ばしていくために、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。

○多重知能をまんべんなく伸ばすことが基本

わが子にはまずいろいろなことにチャレンジさせてみて、もしその分野に才能がありそうであれば、どんどん伸ばしていきたい、と考える親がたくさんいるようです。ですが、働きかけが過剰になると、かえって逆効果になることもあります。

知能は決して一つではありません。数々の知能の総合力です。どの知能も、人が生きる上で欠かせない基本的な力ですから、発達の初期である乳幼児期には、それぞれの知能をバランスよく伸ばすことが大切です。

どれか一つの知能に限って伸ばすように教育すれば、その知能は伸びるかもしれません。ですが、ほかの知能も同時に伸びるとは限りません。

たとえば、ある一つの知能を伸ばすために時間を費やし、ほかの子どもたちと遊ぶ時間を制限してしまうと、人間の知能として最も重要な対人的な知能の発達に弊害が出る可能性もあります。

○教室選びのポイントは目配り、自由度、ふれ合い

教室を選ぶ際は、乳幼児期に大切にしたい、子どもの好奇心をうまく引き出してくれることがポイントになります。元来、発達期の子どもは、特別に働きかけなくても、遊びの中から、自らの力を発揮し、伸ばしていきます。

その自発性を生み出すのが好奇心。もっと知りたい、やってみたいという気持ちが、エネルギー源となります。

そんな子どもの好奇心をないがしろにしてしまうのは、成果ばかりに気をとられ、学習効果を互いに競争させたり、子どもの好奇心がわくのを待つことなく、指示を出したり、先に教えてしまうことです。

ですから、教室を選ぶのであれば、子ども一人一人に目が届くくらいの人数であると同時に、適度に放っておく自由があることが大切な条件となります。

また、子どもにとっては、家族以外の大人と初めてふれ合う機会。子どもとの相性に加え、親から見ても、人間的に信頼のおける指導者であることが好ましいでしょう。

また、同じ教室に通う子ども同士、親同士のふれ合いも大切。スムーズにできる環境を選びましょう。

大人が管理している状態で一定の時間を過ごすことは、子どもにとって、多少なりともストレスになります。今日はここ、明日はあっちというように、様々な教室を渡り歩くのは、子どもが大きな負担を感じることも心しておきましょう。

あまり力を入れ過ぎずに、遊びの数を増やしたり、友だちとかかわるきっかけにするくらいの心構えでいるのが望ましいでしょう。

小学館が運営する幼児教室の記事はこちら↓

関連記事:人気の幼児教室「ドラキッズ」の料金、口コミ、評判を徹底調査!

スポーツ教室

○家でできない運動遊びで運動の基本が身につき親子のスキンシップにも

乳幼児期のスポーツ教室は、親子での参加を基本とし、親子のスキンシップを楽しみつつ、子どもの運動機能を伸ばすことに加え、親に対してはシェイプアップできることをアピールしているところが多いようです。

よくご存じのベビースイミングをはじめ、エアロビクスから派生したベビービクス、親子の体操教室などがあります。

動きたい欲求が強い赤ちゃんは、広々としたところで安心して思いっきり動けるだけで楽しく嬉しいもの。スイミングは水に親しむだけでなく、水圧によって心肺機能が上がり、体を丈夫にすることもできます。

体操教室の場合は、募集は大体2才から。階段を上ったり鉄棒にぶら下がったりすることで筋力がつきます。また音楽にのって体を動かすことでリズム感を養うこともできます。

加えて目や耳から入る情報を運動野に伝える前頭連合野の働きも向上します。近くによい遊び場がない、お母さんが運動をするのが苦手という場合は、利用してみるのもよいでしょう。

○家庭でもできる運動はたくさんある

日常生活で体を動かさず、スポーツ教室に通っているときだけ運動するのでは意味がありません。まずは、ふだんからできるだけ薄着にするようにし、家の中では裸足で過ごしましょう。

それだけでも、子どもは体を動かしやすくなります。また裸足になることで、足の裏で直接感触を確かめられる分、伝わる触感が鋭くなり、バランス感覚が養われます。

車で出かけるのは控えて、可能な限り歩きましょう。歩き始めの頃は、ついベビーカーを使いがちですが、そういう時期だからこそ、自分の足で歩かせ、デコボコやカーブに反応を示したり、舗装した道路と土の感触がどのように違うか、体感させたいものです。

お父さんとのふれ合いも、運動に最も適しています。「たかい、たかい」や肩車、お馬さんごっこといった遊びは、子どもの運動能力の基礎をつくるものとして、たいへん役に立ちます。

全国区の幼児教室で珍しく0歳から通う事の出来ます。運動メニューも充実しています↓
親子教室ならベビーパークの詳細



七田式英語で子供が簡単にバイリンガルになる理由が知りたい☆

子供がどんどん英語を覚えちゃう!ディズニーの無料英語DVDを試しました!

【失敗談含む】ママさん注意!学資保険を自分で探してはいけない3つの理由!

スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ