家計がピンチ!子育て世代は教育費は削りたくないと思っている?

家計がピンチ!子育て世代は教育費は削りたくないと思っている?ball

家計がピンチ!子育て世代は教育費は削りたくないと思っている?

家計の節約をしなくてはならないとき、皆さんならどこを切り詰めていきますか?

とあるマーケティング会社が運営するHPでは「家計の節約をする際でも切り詰めたくないもの」のランキングを取り上げていました。

ここでランクインしたものは一体なんだったでしょうか?

正解は、上位から順に「教育費」「食費」「育児費」です。

このことから、どんなに家計が苦しくても子供の教育費として必要なお金は削りたくない、と多くの人が思っていることがうかがえます。

しかし教育費を節約できないとなると、当然他の部分での支出を切り詰めなければ家計の収支はマイナスになってしまいますよね。

支出というのはいろいろな角度から努力すれば削ることはできますが、収入はそう簡単には増えません。

ですので家計を節約しながらも教育費を捻出し維持していくためには、上手にやりくりをしていくことが大切です。

ではいったいどのような努力をすればよいのでしょうか?

家計がピンチ!子育て世代は教育費は削りたくないと思っている?:【書籍は無料のものをうまく活用する】

子供を持つ家庭で意外と大きな出費となるのが書籍代です。

書籍と言っても育児や離乳食、しつけに関する育児雑誌のほか、子供に読ませる絵本など実に多くがあります。

こうした書籍代を上手く節約する方法として、本を購入する以外の方法で育児に関する情報収集を済ませるということが挙げられます。

例えば地域の子育てサロンや市区町村の育児相談に出向いてみてください。

こうした場所では育児読本や離乳食のレシピなど、子育てで必要になる情報を無料で入手することができます。

子供に読ませる本などは図書館を利用して借りればもちろん無料です。

図書館で本を借りれば、共同で使うものを大切に扱うということを子供に教える良い機会になるうえ、部屋が本であふれかえってしまって片付かない・・・などという事態も避けられます。

このように本を購入することなく情報収集をすませればお金が節約できる以外にもいろいろなメリットがあるのです。

家計がピンチ!子育て世代は教育費は削りたくないと思っている?:【子供の保険、医療費助成があれば不要】

現在の日本の医療制度では、子供に対して医療費の助成が行われます。

そのため世帯年収が極度に高くない限りは、病気に伴う治療代や薬代が実費でかかることはまずありません。

すなわち「子供のために生命保険や共済に加入して入院や通院費を準備している」という人もいるようですが、これは必要ないと言えます。

保険に加入しているならそれを解約することで、その分浮いたお金を教育費や別の費用に充てることができますのでこれも立派な節約になります。

学資保険のほうが子供にはより必要な保険だと言えます。

また固定費を上手く節約するためには、定期的に保険の見直しを行うとよいでしょう。

そうすることで不要な保証に加入することもなくなり、保険料も抑えられるはずです。

家計がピンチ!子育て世代は教育費は削りたくないと思っている?:【割引や特典をうまく活用する】

毎月なんとかやりくりして捻出する教育費ですが、なんとか家計の負担を最小限にして支出したいものですよね。

1円でも支出を節約するために、ちょっとした工夫を取り入れてはどうでしょうか。

例えば習い事などを始める際に意外と負担になるのが入会金ですが、これもお友達に紹介してもらったり事前の体験教室に参加しておくことで入会金が安くなることがありますよね?

時期によっては入会金0円キャンペーンなどを実施していることもあるので、情報を常に把握しておくことで初期費用を減らすことが可能になります。

その他にも、月謝を半年もしくは1年など一括払いすると割引してもらえるなどのメリットがあることもあります。

特に通信教育では支払方法が毎月・半年・1年一括というように自分で選べることも多く、クレジットの支払いでポイントがたまるといったメリットが受けられることもあります。

同じ料金や内容であれば、入会時にプレセントがもらえたり、添削課題を提出すると何かがもらえるといった特典があるほうが、お得感がありますよね?

何かを始める時にはどうしてもそれなりのまとまった出費が必要になるため家計にとっては負担になることは避けられません。

しかしそれが「先々の分まで大金を払ったんだから頑張ろう!」というようなモチベーションのアップに繋がることもあります。

家計がピンチ!子育て世代は教育費は削りたくないと思っている?まとめ

単にお金がないからという理由だけで、子供が習いたいという気持ちや子供に習わせたいという気持ちを諦めることは難しいものです。

常日頃から家計を上手くやりくりし教育費を確保しておくことで、いざ使いたいという時に出し惜しみすることなく使えるようにしておくとよいでしょう。



七田式英語で子供が簡単にバイリンガルになる理由が知りたい☆

子供がどんどん英語を覚えちゃう!ディズニーの無料英語DVDを試しました!

【失敗談含む】ママさん注意!学資保険を自分で探してはいけない3つの理由!

スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ


  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.