「赤ちゃんの脳を育む本」を読んで実践しましたlgf01a201312240700

知育や勉強法を実施した時のお子様の年齢を教えてください。

0歳

知育や勉強法を実施した内容のタイトルを教えてください。

「赤ちゃんの脳を育む本」を読んで実践しました

知育や勉強法を実施した内容を教えてください。

久保田競 箸の「赤ちゃんの脳を育む本」を読んで実践しました。

0才から2才までの月齢によってカリキュラムが記載されており、その通りに赤ちゃんと一緒に毎日実践していきます。

すべてフルカラーの写真つきでわかりやすく説明されており、時間があるときにすぐにできました。

本一冊読んで参考にするだけなので、どこかへ通う必要もなく、お金も体力もかからないのでとても助かりました。

首すわりの時期、お座りの時期、歩き始めの時期など、それぞれに運動の仕方、感覚、社会性と分かれて構成されています。

赤ちゃんへの接し方や、「こうすると、赤ちゃんにとってここがいい」ということも書いてあり、脳の仕組みも事細かに説明が理解しやすく記載されています。

赤ちゃんとスキンシップをとりながらできるので、とても簡単で楽しんで続けられました。

このカリキュラムを実践して、大人になって社会で活躍している人の話なんかもあるので参考になりました。

知育や勉強法を実施した結果どうなりましたか?効果はありましたか?

現在5才の娘がいますが生まれてすぐ実践しました。

この本のおかげなのか、検診のたびに周りや保健師さんから「もうこんなことできるの?!」とおどろかれることも多く、月齢より早く成長していました。

あまり人と比べてはいけないとは思いますが、確かに同じ月齢の子を見ていると精神面でも、運動面でも成長が早かったと思います。

現在では、どちらかというと聞き分けのよい「かしこい子」だと思います。

親目線だけでなく、周りからもよく言われます。

幼稚園に行く前から、物事をきちんと理解して会話をしますし、ルールーを守って社会性も学べていると思います。

会話も理解できるし、意思の疎通が幼い頃からできていたので、とても育てやすいとも思いました。

運動面でも、0才のハイハイをはじめる前のころから、「手をつく」という運動をしていたのでこけても顔を怪我したりしませんでした。

偶然そういう性格だっただけかもしれませんが、0才から楽しんでできたのでやってよかったなぁと思いました。



七田式英語で子供が簡単にバイリンガルになる理由が知りたい☆

子供がどんどん英語を覚えちゃう!ディズニーの無料英語DVDを試しました!

【失敗談含む】ママさん注意!学資保険を自分で探してはいけない3つの理由!

スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ