赤ちゃん、子供の知育とは?効果や方法を解説

赤ちゃん、子供の知育とは?効果や方法を解説 

babychiiku

 

最近では、知育という言葉を聞く事も多いと思いますがいったい知育とは、どういったものなのかを解説していきたいと思います。

関連記事:知育をする際の注意点や気を付ける事、大事なポイント

 関連記事:幼児、子供の教育に知育は必要か?

 

知育とは

まずは、知育という言葉を有名な百科事典などで調べると、以下のように解説されてました。

ブリタニカ国際大百科事典より

 

buritanika

世界大百科事典の知育の項より

sekaidaihyakka
何やら難しく書かれていますが(;´・ω・)

要は、知育とは知力を育成・教育する。という意味ですね。

 

ここで言う知力とは、数の計算や文字の読み書きなどの能力を言っているのではなく、思考力発想力連想力創造力など「考える力」の事を指しています。

 

赤ちゃんや幼児期にこの知育を行う事によって柔軟な発想が出来て、思考が豊かに育っていける事を目標として、おこなっていくのが知育の主旨になります。

 

知育の効果

では、知育をおこなうとどういった効果があるのか?という事なのですが

赤ちゃん、幼児期から知育をおこなっているとIQと呼ばれる知能指数を高めると言われています。

 

IQが高いと聞くと「天才」といったイメージがあると思いますがどちらかというと思考能力創造力が高い人を育てていく事が知育教育の目的であると言えます。

 

それが、もしかしたら後々に天才と呼ばれるひとつのきっかけに繋がっていく事にもなるかもしれません。

知育の方法

知育の方法は様々で、最初は子供が興味を持ったり「楽しい」と思ってやる事が大事です。

無理に知育教育をおこなっても何の良い効果も生れません。無料で始められる知育方法知育オモチャ知育教材なども豊富にあります。

 

それぞれ、どういった効果が見込めるかを確認しながら、子どもと楽しくおこなっていく事が知育教育の成功のポイントとなります。

 

このサイトでは、無料の物からオモチャ、教材、知育教育をおこなっている教室全ての情報を詰め込んで紹介していきますのでご自身と子供に合った方法を選択して頂ければと思います。

 

知育のポイント

先述の通り、知育の方法は家庭で工夫して無料で実行できるものから教材やオモチャを利用して更に発展的な知育をおこなったり教室に通って様々な遊びを通じて脳を刺激して知能を高めるなど沢山の方法があります。

 

しかし、すべてに共通して言えるポイントとしては

・ 楽しんでおこなう

これは、先述しましたが子供が「楽しむ」という事を一番に考えなければなりません。

・ 他の子共と比較しない

親心としては、他の子に出来て我が子に出来ないと悔しい思いがこみ上げてくるものですが他の子供と比較する必要は一切ありません。

どんな子でも、短所長所があり、覚える早さ、楽しい事、考えている事は違います。順位を付けたり、比較などせずに、温かい目で一緒に楽しむくらいの気持ちでいてください。

・ 子供のやり方を否定しない

子供はある意味天才です。自分が「こうしてほしい」と思った知育方法や使い方が決まっているオモチャなどでも想像を超えてくる使い方をしたりする事があります。それを否定したりせず、むしろ喜んで受け入れてあげてください。自分では想像できなかった使い方が出来るなんて凄いじゃないですか。

 

赤ちゃん、子供の知育とは?まとめ

子供が私たち親から見て、何をしているか解らない事をしていても大丈夫です。

そうやって遊んでいる中から子供は色々な事を考え吸収します。

思考、発想、想像などの力を自然に伸ばしていける様にするのが知育教育です。焦らずゆっくりとサポートしてあげましょう。

 

子供が自主的に興味や関心を持ったり、何かの行動をし始めたら知育教育は上手く進んでいます。陰で支えながら楽しんでおこなっていきましょう。

 



七田式英語で子供が簡単にバイリンガルになる理由が知りたい☆

子供がどんどん英語を覚えちゃう!ディズニーの無料英語DVDを試しました!

【失敗談含む】ママさん注意!学資保険を自分で探してはいけない3つの理由!

スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ


  • LINEで送る

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.