【知育口コミ】ひたすら話しかけて早く言葉を覚える知育法akachan_dakko

言葉が早めにわかれば、危険を回避する事も何かを教える事も楽になるのでは?という考えでした。

私は昔から、ペットを飼っていて自分で育てていました。

主に猫や犬だったのですが、自分が一番かわいがった猫は本当に賢くて、人間の言葉がよくわかり素直に指示に従ういい子に育ちました。

猫なのに「お手」も「おかわり」も「おすわり」もできます。

そういった根拠のない自信もあったので、子どもが出来た時に人間なら余計に言葉を最初から聞かせておけば、すぐに理解するようになるのでは?と感じお腹の中に居る時から、子守唄を良く歌いました。

話しかけも沢山しました。

散歩の際も大きなお腹に「今は春っていう季節なんだよ。暖かいでしょ?外に出れば、お花も見れるよ。きれいだよ。」と沢山話しかけていました。

はたからみると、怪しい人に見えるかもしれませんが、それでも毎日毎日話しかけていました。

そして出産してからは、保育器に入れられてしまったので、数週間ほど話しかける事が出来ませんでしたが、手元に来てからはまたずっと話しかけてきました。

もちろん表情も反応も無いけれど、赤ちゃんはずっと私の話に耳だけを傾けているように見えました。

2人目も同じように育てました。1人目も加わって、2人目の子は私の話プラス長女の話も聞かせられました。

「ひたすら話しかける知育法」、やはり私の考えは間違っていませんでした。

危ない時は何が危ないかきちんと説明すると、子供たちはきちんと理解してくれるのです。

まだ2.3歳なのですが、他の子たちに比べて理屈がわかるようです。

ただ「あぶないよ。」だけではなくて「良く見て、車さんの道を通らないと、車さんが走って来るかもしれないでしょ?ここは車さんの道で○○ちゃんの歩く道じゃないんだよ。」と説明すると、きちんとオウム返しに同じことを聞いてきて「うん。わかった。」と言ってくれます。

雨の日に普通の靴を履いた時も「長靴じゃないから、お水にはいらないでね。」と軽く説明するだけで「うん。わかった。」と約束を守ってくれます。

TVのニュースの解説を3歳の娘は最近よくしてくれます。

「明日アメだって。」「川があふれたんだって。大変だね。」などと話してくれます。そして、私と長女の話を聞かされた次女は、すごいおしゃべりになりました。

丸一日何か話しています。理解力も姉と同じくらい言葉がわかっています。子守唄も、歌うだけで二人とも眠くなって寝てしまいます。

本当、これは歌っておいてよかったと実感しています。

決してずば抜けた賢さと言う訳ではありませんが、これをやった事のメリットは、言葉で静止が聞くようになれば大成功だと私は思っています。

何しろ2人子供がいるので、母親は一人で二人を危険から守らなければいけないからです。

一人は手で押さえて、もう一人は言葉で静止させる事が出来れば、少なくとも二人を守れると思ったからです。

実際にやってみて私自身は大成功だと、実感あります。

私自身「教育」よりも、馬鹿でもいいから自分の身だけは守れる子に育って欲しいと願ってやまないからです。



スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ