自分で学習する子どもに育てる「読み聞かせ」book_fumira3

自分で学習する子どもに育てる「読み聞かせ」

幼児期にたっぷりと絵本を読んでもらって、絵本の楽しさを知った子は、自分で文字が読めるようになった時、自分から本を読もうとします。

本の好きな子は「これってなんだろう?」と、何かに興味を持った時に、それに関する本を自分で探して選び、読むことができるようになります。

先生に教えてもらうのを待たなくても自分で調べて知ることができるのです。

それにより、自分で学ぼうという姿勢が自然と身についていきます。

自分で学ぶ姿勢を得られた子は、親が「勉強しなさい!」と言わなくても、一人でどんどん学力を付けていってくれるのです。

また、小さい頃から楽しみながら本を読む訓練をしているうちに、速読の下地ができあがっていきます。

速読という技術のスピードには届かなくても、普段から本を読んでいない人に比べると、読むスピードは速くなります。

人よりも、読むスピードが早いということは、人よりも速く理解できることにも繋がります。

1日24時間という限られた時間の中で、同じ時間で1冊しか読めない人よりも3冊読める人の方が、たくさんの情報を得ることができるのです。

これは、就学してからの勉強にも、社会人になってからも、とても役に立つ能力です。

本好きの子に育つかどうかは、小さな頃に親がどれだけ仕掛けてあげられるかに、かかっています。

幼児期に全く本を読む習慣を付けてこなかったのに、小学校に入っていきなり「小学生なんだから本をたくさん読みなさい」と言われても無理な話なのです。

本の楽しさを知らないのですから。

では、それぞれの年齢でどのような絵本を読めばよいのでしょうか。

そもそも0歳の赤ちゃんに絵本を読んで意味があるのだろうかと思う方もいるでしょう。

しかし、言葉は分からなくても、お母さんの優しい声で、言葉をかけられることは赤ちゃんにとって、とても心地の良いものですし、そこから言葉を覚えていきます。

そして、楽しい雰囲気で読んであげることで、これは楽しいものなのだと肌で感じます。

赤ちゃんの絵本はたくさん書店に並んでいますので、お母さんの直観で選んでもかまいません。

絵本を読んであげてください。

2歳を迎える頃になると、言葉が出ていると思います。

お子さんの興味の示すような物や、身近に知っている物の本を読んであげると良いでしょう。

例えば、男の子なら電車や車などの乗り物の本が好きかもしれませんね。また、女の子なら、かわいい動物の絵本も良いでしょう。

3歳になると、日常生活の中で、文章としての会話が成り立ってきます。

子どもの身近な生活や経験が描かれている絵本が良いでしょう。

4歳では、だんだんと人の気持ちを察するようにもなってきます。

言葉で気持ちを表す練習に物語を読んだり、伝記などの感動できる本を読んでみましょう。

5歳以上になってくると、少しレベルアップして科学の本なども取り入れて、文字から情報を得る訓練をしていきましょう。

もちろん、お子さんによって好みや個人差もありますので、わが子の様子をしっかりと身ながら適当な本と選んであげてくださいね。



七田式英語で子供が簡単にバイリンガルになる理由が知りたい☆

子供がどんどん英語を覚えちゃう!ディズニーの無料英語DVDを試しました!

【失敗談含む】ママさん注意!学資保険を自分で探してはいけない3つの理由!

スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ