【知育口コミ】1歳から英語漬け知育english_book_boy

英語漬け知育のきっかけは、1歳の誕生日に中古で買ったDVDでした。

今思うと、CDとDVDだけで良かったと思いますが、当時はその他もろもろ付いたセットを探して買いました。

車の中では常に英語の歌を流し、家でも極力英語で見られる番組は英語で見るようにしました。

寝る前の絵本も英語のものを多く読み、わが家の場合は夫と子供の会話は英語と決めました。

YouTubeで海外のアニメを見せ、日本のアニメはほとんど見る事はありませんでした。

数年に1度しか行けませんが、海外旅行で実際の英語の生活を体験させました。

私は大変でしたが、もしもツアーに入るとしても英語のツアーを選びました。

やはりアウトプットの場がとても大切だと思います。

家族だと間違った英語を使っても言いたいことが予測できてしまうし、そのまま会話が進んでしまう事もあります。

海外で知らない人と話すと、相手が理解できなければ言い直さなくてはなりません。

子供は大人ほど間違いを気にしませんし、この言い方で通じなければ、別の言い方で説明しようとするので、すごくいいなと思いました。

1歳からの英語漬け知育のおかげで日常会話なら可能に。

今でも基本的には同じ事を続けています。

DVDはほとんど出番がなくなりましたが、一時期は親の頭の中も英語の歌でいっぱいになるほどよく聞きました。

英語でテレビを見る習慣がついているので、洋画で日本語吹き替えを選ぶ事はありません。

現在小学生の上の子は、今は読み書きも家でのワークで出来るようになり、しゃべる事に関しては海外でも困らないだろうと思うくらい話します。

幼稚園児の下の子は、ちょうど今英語ブームが来ているようで、私にも英語で話しかけてきます。

おもしろいと思うのは、英語の単語が出てきても、日本語の単語が出ない時もある事です。

こう書いてしまうと、日本語が出来なくなるのではないかと心配される方もいるかもしれませんが、日常生活は日本語であふれています。

上の子も一時期はルー大柴のように話していましたが、小学生になった今では、きちんと英語・日本語を使い分けています。

これからの課題は、やはり読み書きです。

学校の課題も多いので大変ですが、これからもコツコツ続けていきたいと思っています。

 



スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ