赤ちゃん・幼児に物を指さして話しかける知育法chiiku-yubisasi

対象年齢:0才3か月~

対象場所:どこでも

 

今回は、知育の基本ともいえる

 

物に指さして話かける

 

方法効果を紹介していきます。

 

 

生れたばかりの赤ちゃんは言葉を発する事は

 

出来ませんが、周りの音や話す声などは

 

脳に届いています。

 

話しかければ話しかける程

 

脳に刺激を与える事ができるので

 

日頃から積極的に話しかけてあげる事が大切です。

 

関連記事:赤ちゃんに語りかけ・声かけをするのは知育の基本

 

 

関連記事で書いた通り、赤ちゃん・幼児に話しかけてあげる

 

事は知育の面から見てもとても有効でありますが

 

更に一歩進んだ知育方法として

 

話しかける時に物の単語が出てくる場合は

 

指をさして話しかけてください。

 

繰り返し身の回りの物の名前と指さしを

 

セットで話しかける事で、知育の効果が上がります。

 

 

生まれたばかりの赤ちゃんは目は見えていますが

 

視力が極端に低いのでまだぼんやりとしか見えていません。

 

この物を指さして話しかける知育方法を実践する場合は

 

色や形などの認識が進む生後3か月位からが

 

更に有効だと思います。

 

 

しかし、生後3か月から急に指さしを開始するのも

 

難しいかもしれないので、

 

最初から習慣づけてしまうのがいいかもしれませんね。

 

 

赤ちゃん・幼児に物を指さして話しかける知育のやり方

chiiku-yubisasi1

それでは、指さししながら話しかける知育の

 

具体的な方法を紹介していきます。

 

具体的な方法と言っても、そのまんまの簡単な方法です。

 

 

普段の身の回りの世話や身近な物から始めてみましょう

 

例えばミルクを飲むときに

 

これがミルクですよ~

 

美味しいそうですね~飲もうね~

 

といった感じで対象物を指さして話しかけてあげてください。

 

最初は全く反応が無くても構いません

 

繰り返し続けていく事が大事です。

 

 

また、お出かけした時なども

 

花が咲いてるね~

 

空が青いね~

 

と指さししながら話しかけてあげると

 

親子ともにリフレッシュにもなるし

 

スキンシップにもなり、良い方法だと思います。

 

 

慣れてきたら、お世話に使うものではなくても

 

指さして色々と話しかけてあげてください。

 

映像でもなんでもいいです。

 

より多くの単語を聞かせる事で

 

脳に多くの言葉がインプットされていきますので

 

どんどん話しかけてあげましょう。

 

 

赤ちゃん・幼児に物を指さして話しかける知育の注意点と効果

chiiku-yubisasi2

 

この知育方法をおこなう際の注意点としては

 

物などを指さす時はしっかりと指さしして

 

赤ちゃんがそれを見た事を確認しながら

 

話しかけていく事が大切です。

 

 

親が思っている以上に時間がかかったりしますので

 

ゆっくりと指さしてから話しかけるようにしましょう。

 

 

この指さしの効果としては、繰り返しおこなう事で

 

同じ単語・言葉が何度も脳に刺激を与えるので

 

脳内の神経回路同士がしっかりとつながり

 

強化されていくと言われています。

 

 

この指さしをして物の名前を聞かせるという方法は

 

脳科学の視点から見てもとても効果が高いと

 

推奨されている方法なので、ぜひ実践してみて下さい。

 

 

子育てに奮闘するママさんの口コミ掲示板や

 

レビューサイトでも数多くの好評の声が有り

 

手軽で効果が高い知育方法として広がっています。

 

 

声掛け、話しかけを特別な事だと思わずに

 

ごく自然に赤ちゃん・幼児と話す感覚で

 

習慣づけてしまえば、毎日当たり前に実践できるので

 

手軽で効果の高い方法と言えるでしょう。



七田式英語で子供が簡単にバイリンガルになる理由が知りたい☆

子供がどんどん英語を覚えちゃう!ディズニーの無料英語DVDを試しました!

【失敗談含む】ママさん注意!学資保険を自分で探してはいけない3つの理由!

スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ