【知育口コミ】4才からの公文式教室で英語知育english_book_boy

将来の英語力をつけるために4才から公文式を始めました。

私は自分の子供に英語に強くなってほしいので、公文式の英語を習わせました。

公文式の英語はイーペンシルというタッチペンをしようして行う勉強法になっています。

一番最初は教科書を使用して、基本のくだものや数字、アルファベットを習い、同時に何曲か英語の歌も入っています。

教科書にペンをタッチして発音を聞きながらリズミカルに真似して発音していきます。

教科書には聞きなれた日本語の歌が英語で歌われているのを聞いて子供なりに歌いたいという気持ちがあるようで楽しみながら積極的に聞いていました。

だんだんレベルも上がっていき、最後の教科書では、簡単な英文が出てきます。

その教科書が終了したら今度はプリントになります。プリントも同様にタッチペンで発音を聞き、自分で話してみて、更に最後に英文を読みタイムを計ります。

プリントになってから宿題で一日5枚のプリントをこなしていきます。

予定がある日や長期休暇中などはプリントの枚数を増減可能なので無理なく続けられています。

公文式英語知育の効果は??

公文式での英語教育はプリントなど紙ベースの英語には強いと感じますが、実際の英会話ではどうなのかなと感じています。

本や標識などで、習った英単語や英文を見つけたときにはそれを読みこういう意味だよと伝えてくれるので、毎日の英語の勉強の成果が出ているのだ思います。

しかし、先日インド人の子供とお話をする機会があり、その子も英語で話していたのでなんとか話すことはできるのかと様子を見ていましたが、結局は英会話でのお話はできませんでした。

学校のテストなどでは、よく理解することも可能ですが実際に英語での会話ができないとなると、海外旅行や外国国籍のお友だちなど英語での会話を必要とする場では、困ってしまうことがあるのかなと気になっているところです。

今後も公文式での英語教育は続けていく予定でいますので、紙の上だけの英語だけではなく会話もできるような能力が備わってきてくれるといいなと思っています。

また、公文式では毎日一定量の宿題が出されます。

小学校入学前にこのように宿題を毎日やる習慣がついていたので学校には行ってからも毎日の宿題を欠かさず出来るようになりました。

集中力も少しずつついているかなと思います。

 



七田式英語で子供が簡単にバイリンガルになる理由が知りたい☆

子供がどんどん英語を覚えちゃう!ディズニーの無料英語DVDを試しました!

【失敗談含む】ママさん注意!学資保険を自分で探してはいけない3つの理由!

スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ