【知育口コミ】3歳の我が娘の英語教育

わたしの3歳の娘にした英語教育は、主に遊びながらの学習です。

体を動かすことが好きな年頃ですから、かなりマッチした教育方法だと感じました。

言語として教えるというよりは、ダンスをしたり歌を歌ったりして、英語そのものに慣れるという感じです。

そうすれば、徐々にですが、英語が身についているのが目に見えてわかってきます。

ちゃんとしたネイティブの先生の発音する音声をきかせたり、ゲームをさせてみたりしました

やはり、ゲームやダンスなどの体を使うものは子供に人気ですので、よりはやく学習できることかと思います。

タッチパネル式のデバイスがひとつでもあれば、英語学習アプリを使ってすぐに学習させることができます。

なるべくデバイスは大きいものが好ましいです。

ちゃんと答えがあっていたりすると、褒めるようなシステムも効果的です。

すぐに褒めてやったり、成功体験をうえつけてやると、とても喜びます。

その喜びが勉強の楽しさや充実感につながりますので、これも非常に重要なことです

結果的にいって、非常に効果がありました。

夫婦ともども教育に熱心ですので、暇さえみつければ、子供の学習にためにゲームなどをさせておりました。

それに、子供自身も一度も嫌がる素振りをみせたことはありませんでしたし、いつも楽しそうでしたので、教育は成功したかと思います

子供との日常会話に英語が出て来ることもありましたし、身についていることを実感しました。

英語を話すこと自体が楽しいのだと思います。

これは重要なことだと思います。

本人が苦痛に感じているなら、すぐにやめようと思っていたので、親としても非常に嬉しいですし、満足しております。

簡単な英会話程度なら、普段からしますし、それが当たり前の光景になりました。

生活に導入するというのは一番手っ取り早いやり方であり、近道でもあります。

その結果がちゃんと出てきました。

わたしたちの教育は間違っていなかったのだと確信できましたし、家族としてもコミュニケーションが密になってきましたので、満足しております



スポンサードリンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ