【知育口コミ】英語教育はできるだけ早くから始めよう!

英語が苦手な人って多いのではないでしょうか。

わたしもそのうちの1人です。

英語で苦労したので、我が子は英語で困らないように。

そう思って英語教育を始めることにしました。

始めたのは2歳からです。

そんなに早くからまずは日本語じゃない

そう思われるかもしれませんが、日本語とは異なる周波数を持つ英語を、聞いて話せるようになるには
とにかく早くから英語を、耳になじませることが重要だそうです

といっても、英語教室に通うにも、イヤイヤ期でたいへんだったので、まずはお家で始めることにしました。

お金をかけて、子どもが英語を拒否したら、どうしようという不安もあったので、まずは

  • 英語のCD1枚
  • DVD1枚(これは英語教室の体験でもらいました)
  • 英語の音声切り替えができるテレビ番組を見る
  • YouTubeを流す

全て無料のコンテンツを使って、スモールスタートさせました。

とにかく長時間、英語を聞くことが、英語理解の第1歩だそうで、家にいる間は

  • CD
  • テレビ
  • DVD
  • YouTube

を、聞いていようが見ていまいが、とにかくかけ流していました

おうちで英語教育を始めて、2週間くらいで、英語の発音や単語をまねするようになってきました。

最初は

  • 広くなじみのあるABCの歌
  • DVD
  • YouTube

で何度も、出てきた単語や文章を、どんどんまねして、発音するようになってきました。

小さい間は、英語の単語や文章の意味は分かっていなくてもいいそうです

分かっているに越したことはありませんがとにかく耳で聞いて口でまねして発音する。

これが近道だそうです。

意味は後から知って、この歌はこういう意味の歌だったのかとわかるように成長してから勉強しても遅くないそうです

もちろん、何と訊いてきた場合は英語の意味を教えてあげました。

その時、日本語に訳さない方がいいそうです。

英語は英語で理解する頭を作るのが大切なようです

appleが何か聞いてきた場合は本物のリンゴを持ってきて意味を教えてあげました。

こうすることで、語彙力もどんどん増えていきました。

最近はアルファベットにも興味を持ち始めているので英語の本も中古で購入して活用しています。



スポンサードリンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ