【知育口コミ】身近な興味から広げてた英語教育

コレからの将来英語は必要です

全くできない私は、少しでも話せたらと思う日々を過ごしています。私が英語ができないので、もちろん子どもにも教えることができません。

そんな時、子どもが英語で遊ぶテレビばんぐ番組に興味を持ち始めました。

はじめは、キャラクターに興味を持っていたのですが、次第に「」に興味を持ち始めるようになりました。

歌にあった映像で、分からない英語の意味もなんとなく理解できました。

英語の話せない私も、子どもと一緒にその番組を見るようになりました。

このタイミングで英語に関わる何かを始めたいと思ったので、まず英語の体験学習に参加してみました

初めての教室に、子どももは夢中でしたが、果たしてどこどこまで吸収していくのか不安で、月謝を支払うコトにも頭を悩ませました。

そして始めたのは「テレビに使われていた曲を、車の中で聴くこと」でした。普段の買い物から、遠出の時もいつも流していました。

知っている曲なので、子どももテレビの映像を思いだしながら楽しんで聴いていました。

曲を流した初日は、子ども自身が好きな曲ばかりリピートで聴いていました。

曲だけでもテレビの映像が出てくるので、何度でも聴いていても飽きないようでした。

次第に口づさむようになり、サビの部分はすぐに歌えるようになりました。

私自身、サビ以外の部分は歌詞カードを見ないとわかりませわかりませんが、子どもは耳コピーした言葉を歌っています

ほぼ一曲歌えるようになるまでにそれほど時間はかかりませんでした。

私も同じように口づさんでいると「かーさん、そこ違うよ。」と訂正して正しい発音を伝えてくれます。

子ども自身、「英語」とはおもっていないようです。

初めて聴く言葉で歌われている」という感覚のようです。

最近は他の歌にも興味が出てきて、好きなワンフレーズをみつけると曲と一緒に歌っています。

こんなにも興味が出たのは、目で見た映像があるからなんだと思います。

そして、大事なのは「私自身も楽しむ」と言うことです。

2歳の子どもをテレビ任せに育ててしまってはいけないと思っています。

テレビを見ながら、「○○って言う意味なんだって~」とか、テレビだけでは伝わりきれない部分などを補うよう、私なりに子どもへ働きかけることで私も一緒に英語学習しています。

吸収がいいと言っても、なんせ、子どもは、まだ2歳ですから。



スポンサードリンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ