【知育口コミ】こどもチャレンジEnglishで英語デビュー

子供が2歳になった頃から、何らかの英語教育を始めなくてはと思っていました。

なぜなら私自身が英語のヒアリングが苦手であり、大人になって英会話スクールに行ったりリスニング教材を聞いて勉強しても限界を感じていたため、やはり幼児期からのヒアリングが大事だと実感していたからです。

まず手始めに、各教育会社の英語の通信教育を調べ、それぞれから体験版DVDなどを取り寄せてみました。

4社からDVDとCDが届き、それぞれを子供に体験させてみたところやはり好き嫌いはあるようで、子供自らがこれをしたいと言った教材にて申し込みをしました。

具体的にはベネッセのこどもチャレンジEnglishです。

我が子はこれをとても気に入っていて、申し込みをしてから教材が届くまで、毎日到着を心待ちにしていたほどです。

教材が届き、一緒にDVDやCDを見たり聞いたりしていると、子供が一瞬で英語の曲やフレーズを覚えてしまうことに驚きました

これは、こどもチャレンジEnglishの魅力のひとつとして、日本語と英語が混じっていることに原因がありそうです。

最初からまるっきり分からないことを聞き取るのではなく、要所要所にわかる言葉(日本語)が混じっているので、最後まで飽きずに見ることができるようです。

各社からの体験版DVD等を見せた時点で、いくつか英語の歌を歌えるようになり正直驚きました。

こどもチャレンジEnglishを始めてからは、DVDを見ながらセリフをシャドーイングしたり、英語の歌を一緒に歌ったりして、知らず知らずのうちに単語を覚えているのでビックリしています。

勉強というよりも、ダンスを踊ったりおもちゃで遊んだりする中で、身体で英語に触れていくかたちが我が子には合っているのだと思います。

まだ数回分の教材しか届いていないのですが、自然に口から英語が出てきているのをみると、まずまず効果があったと思います

また、2歳ながらに物の名前には日本語と英語のふたつがあると理解したらしく、何かの名前を覚えたときは必ず、「英語ではなんて言うの?」と聞いてきます。

英語で教えてあげると、口頭で聞き取りをしただけにもかかわらず、後々まで覚えていることもあるので驚きます。

この時期の子供の耳がいいというのは本当だなとすごく実感しています。

耳が良く記憶力もいい幼児のうちに、少しでも英語に触れあうことで、将来の英語力に対する免疫ができているように感じています



スポンサードリンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ