【知育口コミ】早期教育という言葉が流行り始めた頃に

現在もあるディズニー英語教育です。

子供が一歳の頃に早期教育という言葉が流行りました。

そして、ゼロ歳から英語教育をというキャッチフレーズがたくさん聞かれる中で、清水の舞台から飛び降りた、まさにそのような心境で後悔するかもしれないけど試さないほうが後悔すると購入しました。

宝くじも買わないと当たらないというような感じです。

毎日ビデオを見せて絵本を見せながらCDを聞かせるというシステムです。

その他にもゲームや電話での英語会話みたいなのもありました。

ビデオと連動した本とCDがありビデオは見るだけですが本は空欄があり英語で発音させるというようなしくみもありました

英語の歌だけのCDもあり大人が聞いても楽しい音楽でした。

ゲームもついていてカードゲームや塗り絵を英語での指示のもとおこなうというものでした。

英語の歌は楽しいようでしたが3歳ころまでは特になにもこれといった効果はみられませんでした

毎日幼稚園から帰るととりあえずビデオをみせていました。

3歳を過ぎた頃にストーリーの会話を丸暗記して喋るようになりました。

台詞を覚えているだけでもすごいのに英語でしゃべります。

ある時、楕円形という形の名前を日本語ではどういうのかわからなかったとき英語でジェスチャーで形を伝えてきたときは驚きました。

その頃は逆に「日本語ではどういうの?」と聞かれることが多かったように思います。

ショルダーは何て言うの?」という感じです。

効果が出てきたと思いました。

その頃、妹もできて妹も一緒にビデオをみたり歌ったりしていました。

それだけでペラペラになるようなほどの効果はなかったのですが文の構成やしゃべれなくても何を言っているのかはわかっているようでした

学校で本格的に英語をならい始めたときは多くの単語を理解しスペルも覚えていました。

文の構成もわかっているようで英語はすぐに、得意分野となりました。

上の子は英語が特別できるというわけではなかったのですが下の子は全く勉強はできずでしたが英語だけは良かったです

効果はあったと言えます。



スポンサードリンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ