無料で幼児教育♪入浴時に歌うABCソングと1~10furo

 

入浴時に歌うABCソングと1~10

我が家の入浴タイムでの決まり事について紹介します。

 

それは、髪や体を洗った後、

湯船につかっている時間を利用して、

アルファベット数字を数えながら覚える事を習慣にしています。

 

以前は湯船につかっている15~20分位の間、

ママである私が娘に一方的に話しかけていました。

 

1歳半の我が子は、パパやママ、ブーブー、

イヤ等のごく簡単な単語は言えるようになったものの、

まだお話しできるほどではありません。

 

出来る限り様々な語りかけをして

言葉を増やして欲しいなと願いを込めて、

その日にあったことを中心に話していたのですが、

ずっと話し続けるのもなかなか疲れるものです。

娘も湯船から出たいと飽きてしまうこともありました。

 

そこで楽しく過ごすために、をうたってみることにしました。

試しに、娘の覚えたての言葉である「にゃんにゃん」「わんわん」

歌詞に入っている「犬のおまわりさん」を歌ったら大ウケ!

 

それから毎日歌っていると、歌の途中にある

「にゃんにゃんにゃにゃ~ん」と「わんわんわわ~ん」のところだけ、

声を出して歌うようになったのです。

毎日、繰り返し耳で聞いていくうちに覚えたのでしょう。

 

それから湯船では娘に覚えて欲しい事を歌にしてうたっています。

歌う順番もより覚えやすいよう、いつも同じにして

出来る限り習慣化するよう心掛けています。
①「犬のおまわりさん」→②「パンダうさぎコアラ」

→③「ABCソング」→④「曜日(月曜日~日曜日)」

→⑤「月(1月~12月)」→⑥「指(親指~小指)」

→⑦「数(1~10)」

 

だいたいこの順番で歌っています。

④~⑦は、ママオリジナルの歌で・・

というより言葉を適当な音にのせて日本語と英語で歌うものです。

入浴時の幼児教育を続けた結果

すると毎日の特訓のおかげで!?

かどうかは分かりませんが、1ヶ月ほど続けたところ、

③「ABCソング」と⑦「数」についてはまだ言葉にはならないものの

アーやウーと声に出してリズムに乗るようになってきました。

一緒に歌えるようになる日を楽しみに続けていきます。

 

お風呂タイムにおいて湯船でアルファベットや数を歌で覚える事は

毎日決まって行う習慣を活用して、

楽しく学べる一つの方法としてぜひオススメします。

 

幼児英語教育は、1にも2にも興味を持ってもらう事が大切です!

子どもが楽しい!面白い!と思ってもらってからがスタートです。

NHK番組など子供向け番組などから徐々に興味を持たせてあげてくださいね。

関連記事:子供の英語教育、教材をママ友がレビュー

関連記事:子どもとテレビを見ながら進める幼児英語学習

関連記事:小学生から英語授業が必須に!関心が高まる英語教育



七田式英語で子供が簡単にバイリンガルになる理由が知りたい☆

子供がどんどん英語を覚えちゃう!ディズニーの無料英語DVDを試しました!

【失敗談含む】ママさん注意!学資保険を自分で探してはいけない3つの理由!

スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ