英語の幼児教室ってどんなもの?大きなサングラスをかける赤ちゃん [モデル:Lisa]

英語の幼児教室ってどんなもの?

最近では英語の幼児教室も人気を集めていますが、「日本語もろくに話せないのに英語なんてまだ早いのでは?」と思う人も少なくないはずです。

しかし赤ちゃんというのは、お父さんやお母さんが話す言葉を耳にして、それを覚えてから言葉を発するようになります。

ですから、小さいうちから英語に慣れさせておくことは英語を聞く力を自然と身につけるだけでなく、将来的に英語を話す力にも大きく関係してきます。

英語の幼児教室の中には、1歳前からでも英語デビューができるような教室を用意し、講師も日本人講師と外国人講師と両方のコースを設けているところもあります。

英語の幼児教室ってどんなもの?:【英語の幼児教室の内容】

英語の幼児教室は年齢ごとに教室やコースが分けられていますが、ここではその一例を紹介してみましょう。

0,1歳児では、まず英語に親しむことから始めていきます。そのために、お母さんと一緒に英語の歌を聴いたり、それに合わせて手足を動かしたりというように、とにかく英語に慣れさせていくことに重点をおいています。

2歳児になると、レッスンの中に日常生活でよく使う言葉を取り入れたり、簡単な挨拶を英語でできるように指導を行います。

3歳児では英語を使って自分の気持ちを伝える指導をしていきます。

3歳児というのは自分の気持ちを口で表せるようになる時期であり、この時期になると英語独特のイントネーションや発音などもマスターできるようになります。

英語の幼児教室ってどんなもの?:【英語の幼児教室の効果】

単に自宅で英語のCDを聞かせたり、英語の幼児向けTV番組を見せているだけでは子供に英語を身につけさせることはできません。

英語を身につけるには「集中して聞く」ということはとても重要になります。

自宅とは違った環境である教室で先生と向き合いながらレッスンを行うことで、子供もより集中力が高まり英語を身につけることができるのです。

英語を聞く力が不足しているがために、受験勉強においても「文法は分かるのにリスニングができない」という学生も少なくありません。

英語を聞く力というのは必死で勉強してもなかなかすぐに身につけることはできません。

小さいうちから幼児教室に通い土台を作ってあげることで、大きくなった時に英語の聞き取りや会話の力に大きな効果が期待できるはずです。

幼児期に英語を学ぶ際には、お母さんが一緒にレッスンに参加することが必要条件ですが、これはお母さんに子供と体験を共有してもらい、子供が自宅でお母さんと一緒に復習できるようにするためです。

決して子供を安心させたり宥めたりするためではありません。

「継続は力なり」ということわざがありますが、レッスンで習ったことを自宅で繰り返し復習することで、自然と日常生活の中にも英語が取り込まれていくというわけなのです。



七田式英語で子供が簡単にバイリンガルになる理由が知りたい☆

子供がどんどん英語を覚えちゃう!ディズニーの無料英語DVDを試しました!

【失敗談含む】ママさん注意!学資保険を自分で探してはいけない3つの理由!

スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ