赤ちゃん・幼児の知育おもちゃを年齢別で選んでみますtoychoice-top

 

こんにちは、みかんママです。

 

今回は、赤ちゃんや幼児が使うおもちゃです!

 

その中でも知育を目的としたおもちゃを年齢別の成長と合わせて

 

見ていこうと思います。

 

 

おもちゃは必要ない!という声もちらほら聞く事もありますが

 

おもちゃ遊びは、手先の使い方からはじまり

 

子供が発育していく中で、重要な事を沢山学ばせる事ができますので

 

私の見解では「上手く利用」していくのが良いと思います。

 

 

脳の発達にとても良い刺激を与える事ができるので

 

高いおもちゃでなくても構いません、また手作りで出来るならそっちの方が良いと思います。

 

詳しくは以前の記事にも書いていますので、そちらを参考にしていただけたらと思います。

 

関連記事:赤ちゃん・幼児のおもちゃは知育に必要なの?

 

 

赤ちゃんの発達と年齢別の知育おもちゃの選び方

toychoice1

 

 

 

では、順番に赤ちゃん・幼児の成長具合とそれに合ったおもちゃを見ていきましょう。

 

0~3か月頃

声を出せる様になって反応を見たり、目が見える様になって視線で追うようになってくる

 

のがこの時期です。手を握ってあげたり、何かを持たせてあげると反応したりもします。

 

光や音に反応して喜んだりするので、押すと音が鳴る人形手で持ちやすい輪っか

 

手で握らせる事ができるガラガラなどが良いと思います。

 

 

4~6か月頃

声も大きく出せる様になり、時には笑ったり泣いたりと感情も出てきます。

 

自分の身体をだんだんとコントロールできるようになる時期ですね。

 

口に入れても大丈夫な布製の絵本光や音の出るおもちゃ

 

指でつまんだり動かしたりできるものなどは、喜んで遊ぶと思います。

 

 

7~9か月頃

この頃の赤ちゃんはハイハイや掴まり立ちが出来る様になっている子も多いです。

 

行動範囲が広がる分、探究する楽しみを覚えて色々な行動をする時期です。

 

ボタンを押すと音が鳴ったり、レバーを引くと光が出たりするおもちゃ

 

立てる様になったら、立ったまま遊べるおもちゃなんかも良いですね。

 

 

10~12か月頃

ママやパパとちょっとしたやり取りができる様になってきて、

 

一緒に遊ぶことが楽しくなってくる時期です。

 

仕掛けがあるおもちゃや、繋げたりバラバラにしたりする物

 

ボールなどを使って、ママと一緒に遊ぶやり取りを楽しむ事ができます。

 

 

1才~1才半頃

この頃の赤ちゃんは、脳が発達が進んで腕と手、指を別々に動かせるようになってきます。

 

おもちゃによって遊び方を変えたりすることもできる様になるので、

 

ぬいぐるみ積み木パズルなんかも遊べるようになってきます。

 

 

1才半~2才

この頃になると、自分で遊び方を考え出したり、新しい遊び方を発見するなど

 

遊び方にも広がりが出てきます。

 

また、身体の発達も進んできて活発に動き回るので

 

三輪車キャッチボール粘土遊びお絵かきおままごとなど

 

色々な遊びを体験させてあげましょう。

 

 

おもちゃで遊ぶ際の注意点

おもちゃで遊ばせてあげる時は、必ず親が一度

 

口にすっぽり入ってしまわないか?

 

衛生的に舐めても大丈夫か?

 

乗っかったりしたら壊れて刺さる危険などはないか?

 

をしっかり調べてから遊ばせてあげましょう。

 

特に小さい物は要注意です。

 

一瞬の隙に口に入れてしまって、なかなか取り出せないって事もあるので

 

充分に注意してあげましょう。

 

 

赤ちゃん・幼児の知育おもちゃ-我が家の場合

我が家では、買ってあげたおもちゃも多々ありますが

 

子供が熱心に遊んでいたのは、意外と手作りの物が多かったです。

 

おままごと用の各種食材や包丁などを段ボールと折り紙で作ってあげたり

 

イスとテーブルセットをつくってあげたり

 

アンパンマンを書いた型紙に色を塗ったりと

 

シンプルな作りでしたが、良く遊んでくれていました。

(特に手作り段ボールエビフライは常に手に持ってました(笑))

 

おもちゃ以外の遊びなどは→のカテゴリーに記事を書いていますので

 

興味がありましたら色々と見てみて下さいね(´▽`*)

 



七田式英語で子供が簡単にバイリンガルになる理由が知りたい☆

子供がどんどん英語を覚えちゃう!ディズニーの無料英語DVDを試しました!

【失敗談含む】ママさん注意!学資保険を自分で探してはいけない3つの理由!

スポンサード リンク

ページTOPへ

幼児の知育大辞典TOPへ